2012年07月19日

Long time no see!! お久しぶりね。


uni5_larger.jpg


ほんとに久しぶりのブログ更新です。いつも見に来てくれている人がいたとしたら、ありがとう。公私ともに…というか公なんてないけど(笑)ごっつ忙しくてね。でもいくつかニュースもあります。

2012年9月1日と2日の両日、鹿児島ジャズ・ストリートに出演することが決まりました。詳細は追って御報告、ということになってますが、遠くのみんなも鹿児島きませんか?(気軽にいうな!と言われるよね。うん。でももし、気が向いたら、ぜひどうぞ。)京都のtorigenさんからの人脈の広がりはすごいんです。torigenさんは、もう三年以上前に急な癌で亡くなりました。そりゃあもう凹んでしまいましたがな。でも、彼の残してくれた人との繋がりは今も燦然と輝いてて、こうして鹿児島まで呼んでもらえることと相成りました。ありがたいことです。そして、次のLIVEは私はむっちゃくちゃ成長してるっちゅーねん。ホンマにね。いいライブにしたいもんです。修学旅行以来の鹿児島。台風きませんように。私は飛行機が苦手。あんなに平気やったのに。スチュワーデスになろうとまで思ってたのに。笑 もう、白ワインで酔っぱらいながらフライトを楽しむなんて無理。ねかして、そして、ついたら、おこして。そんな気持です。

以前にブルックリン・ボーンという黒人作家の人とネットでのお付き合いが高じて、彼の作品中にまでchi-B&masta.Gという現実のユニット名で登場して、アメリカでソールド・アウトするような超有名アーティストの役柄を与えられた私ですが、(長いふり)またしても!もう一人の黒人作家アンソニー・パスファインダーという方の作品にも登場しました。またもやソールド・アウトでアメリカをツアー中の日本人アーティストです。これは楽しい!!ヒップ・ホップとR&Bを主体にして日本語と英語を使って歌う歌手chi-B、これは事実そのままやわ。なんてウレシイ。次のBrooklenの作品では、さらにアクション・シーンにも登場するらしい。これまた楽しいです。これが今回送られてきたAnthonyの本です。


FairGame1.jpg



世界中のクリエイティヴな人たちと知り合えるのは、ほんとうにエキサイティングです。英語がわかってよかったなぁと、素直に思います。ずっと勉強は好かなかったけど、外国のことはいっぱい知りたくて、歌詞の意味を知りたくて、自然に身について来たことが役に立つときが来てるんやな、と思います。まだまだ勉強しないとねぇ。音楽もね。では、また書きに戻ります。おやすみなさい。

…♀…
posted by chi-B at 01:05| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

フィッシャー・ディースカウさん、ありがとう。


Reds3.jpg



ここ数日、つぎつぎと素晴らしい海外のミュージシャンが亡くなったというニュースが飛び込んできて、また好むと好まざるとにかかわらず、有無を言わさず、時代が動いているのを感じています。どの人もOne&Onlyな存在で、世界中でその死を悼む声が尽きないなか、ドイツのバリトン歌手、ディートリヒ フィッシャーディースカウさんが亡くなったことを新聞で知り、少なからずショックを受けています。普段、ヒップホップだのファンクだのばかり話している私が、この人の何を知っているんや!と思われる方も居られるかもしれませんが、私はこの人の歌声とミュージシャンシップにずいぶんと助けてもらったことがあるんです。

音楽を始めた経緯は、このブログの音楽物語でも延々と書いていたことがありますが、私は人前で歌を歌うなんて考えたこともない人間でした。音楽は何よりも好きで、でもそれは聴くものであって、自分がやるものとは思っていませんでした。やれるとも思ってなかった。楽譜なんか読めないし、楽器は3歳から6歳まで習ったオルガンだけで、もう何も覚えてない。大声で歌ったこともなくて。小・中・高の音楽教育なんて、ほとんど役に立つことなどなく、ただ歌詞と大まかなメロディーを覚えて歌うことだけが繰り返されていただけ。ボーカリストの鍛錬するべきこと、あるべき姿を考えたときに、この国の中で自分が心のよりどころにできるような人が思いつかなく、かと言って自分ひとりの頭ではもう何を手がかりにして歌うことを学んで行けばいいのかわからず、まったくの救いようのない初心者のまま、ぐるぐると同じ場所を回っているだけのような寂しさを感じたものです。masta.Gは芸大時代にクラシックの歌唱法も勉強していたので、ドラムを叩きながら教えてくれていましたが。私は自分を客観的に聴くことなどできず、その頃は困り果てていました。

そんなとき、NHKで始まった『シューベルトを歌う』という番組。masta.Gの薦めもあって見るようになりました。それの講師をしておられたのがフィッシャーディースカウさんでした。私がやるのはクラシック音楽ではないですが、溺れる私は藁をもつかむ気持で、毎回それを見て、録画したものをまた見て、番組の本を買って、しているうちに、この人の魅力にどんどんと引き込まれて行きました。ゲーテの作詞によるものもあったと思いますが、その詩をよく理解して、歌に登場する人の心を想像して、音としての言葉を大切に、表情から想いから身体の芯から素直に出すその歌声は、やさしくて強い。生徒さん達へのアドバイスも的確で、厳しい中にも愛あるインストラクターでした。その愛は、彼の音楽への愛だったと思います。まるで自分が教えてもらっているような気持ちで見たものでした。生徒さんの汗や、悪いところを指摘されてちょっとグネっとなる心が、まるで自分のことのように感じられる新鮮さ。。。音楽は基本的に習うものではないとはいえ、まったく五里霧中の人間には、彼のような人が必要な時期が絶対にあると思えてなりません。でないと、好き勝手にやってしまっていては、遠回りばかりして、自分勝手な解釈で固まってしまっては、本当に好きなものには、たどり着けないかもしれない。ダメだしをしてくれる人、そして、手本になる人が、ちょっとの間、必要なんです。そして、その教えは一生もんです。

正直、ちゃんと理解して見ていたとは言えないと今は思いますが、これからも忘れずにいたい、言葉にできない、頂いたものが頭に残っています。一生もんの教えに出会えたことに感謝と尊敬をたくさん感じています。フィッシャーディースカウさん、ありがとう。今でも眠りにつく時にあなたのCDを聴いていることがよくあります。一方的ではありますが、あなたとの出会いを大事に胸にしまって、がんばって少しずつ実現できるようにやっていきます。お疲れさまでした。音楽をありがとう。歌声をありがとう。




PurpleH6.jpg



…♀…
posted by chi-B at 03:00| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

Stray Cat。坂本龍一さん


EG5.jpg



J-WAVEの番組Radio Sakamoto 第46回楽曲オーディション優秀作品の発表が、ポッドキャストで聴けるようになっています。iTunes!で聴くことのできる環境の皆さん、ぜひ私たちchi-B&masta.Gの曲が紹介されている最新回を聞いてみて下さいネ。長い目にplayしてもらってうれしいです。坂本さんも野良猫からインスピレーションを感じて作った曲があります、とも仰っていました。Radio Sakamotoのウェブ・サイト内のポッドキャストのページはこちらです。vol.72の27:20あたりから私たちの曲の紹介に入ります。ENJOY♪

なかなかLIVEのお知らせをするまでに至っていませんが、リハがずっと続いています。いつかな〜と待って下さっている皆さん、どうもありがとう。今しばらくお時間をいただいて、精進します。きっと会いましょうねー。LOVE

…♀…
posted by chi-B at 00:47| 大阪 ☀| Comment(2) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

Dear you。久しぶり。


savannah1.jpg



お久しぶりです。更新が遅れているにもかかわらず、こうして読みに来て下さってる貴方にほんと感謝です。どうしてますか?元気ですか?FACEBOOKとこのブログの違いって、言葉ももちろんあるねんけど、フィード・バックの有無が大きいかなぁ…。だってコメントがくると弾みや励みや、そういうポジティヴなのりが生まれるからね。なにはともあれ!w

SAVANNAHという黒人作家の物語のなかに実生活と同じく、ミュージシャンとして登場している私とGさん、この次回作にももっと激しく登場することになりました。英語版だけしかないのが残念でなりません。でも読んでみようと思う皆さんはどうぞご一報くださいな。

UKの男の子が、私の声をつかって短いインター・ルードのような作品も作って送って来ましたので、サウンド・クラウドにてどうぞ聴いてみて下さい。これがまた、私の好きなAKIRAの一節と合体しています。原発事故などあったこの今の日本へのメッセージも秘めているような数十秒の作品です。よろしくね。




明日もまたLIVEのリハーサルに行ってきます。いつLIVEあるねん?と思って待ってくれている人、ほんとありがとうねぇ。Don't worry, we will meet again one sweet day. I love you.


…♀…
posted by chi-B at 01:07| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

FACEBOOKは実にたのしい!


Aapril2.jpg


インターネットを初めてからこっち、これまでたくさんの国内外のネットワーク・サイトにアカウントを作って来ましたが、FACEBOOKほど中身の濃いコミュニケーションができるものは初めてで、最近ずいぶんと時間をかけています。海外の友達がずいぶんと増えて、音楽について語り合ったり、自分たちの作品を聞いて・見てもらったり、ジョークを磨いたり?と楽しいので時間が経つのも忘れることがあります。打てば響く反応の良さは、さすがに西洋の人たちだな〜と改めて思いながら、刺激をいっぱい受けています。受けるだけでは面白くないので、こちらからも刺激を…と頭の中の感覚を総動員していると、ブレイン・ストーミングのようで、まるでパソコン留学みたいな感じといえばいいのかな。

唯一の悩みは、こちらが夜中なら相手は朝だったり、宵のうちだったりすることで、お陰で毎日寝不足です。会話がはずみすぎて寝られない!でも、そんなときには、横から見てるアメリカの黒人消防士さんの友達が、「もう寝なさい〜!」と言ってくれます。優しいねんね。オランダ、メキシコ、スペイン、トルコ、アメリカ(NY・シカゴ・アトランタ・カリフォルニア・テキサス・・・エトセトラ)、カナダ、ナイジェリア、ジャマイカ…もう挙げれば切りがないほど国際色豊かなFriendsが居てくれて、自分の気に入ったchi-B&masta.Gの曲を自分のページにも貼りつけて楽しんでくれて広めてくれようとする…これを思うと、もっともっとイイものを作って行けるよう頑張ろうと思います。もちろん日本のFriendsも数こそ少ないですが居てくれてます。こんな楽しいサイトはめったにありません。流石さすがのFACEBOOK、そりゃぁ世界中に広まるのは当然ですゎ。英語を勉強して来てよかったなぁとしみじみ思うこの頃です。

パソコンばっかりしてるわけではなくて(笑)、スタジオに入ってリハーサルもよくやってます。音楽は一筋縄ではいかないんですが、こちらも中々面白くなって来ています。ぜひとも見に来ていただきたいと思い、そろそろLIVEを現実化するようにmasta.Gさんとあれこれ構想を練っております。今が旬のchi-B&masta.GのLIVEが決まったらすぐにお知らせしますので、ぜひ遊びにいらして下さい。どうぞヨロシクね♪

chi-BのFACEBOOKはこちらです。

…♀…
posted by chi-B at 03:12| 大阪 ☔| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

音楽三昧続行中


EG2.jpg


春の雨が降っております。だんだんあったかくなってきましたネ。少し日が空いてしまって、ブログを覗いて下さっている皆さんには失礼していました。そちらはお元気ですか?この2月、もうすぐ終わるけどなんだか長かった〜。あまりの寒さに何度か風邪をひきました。でももうちょっとで春本番の3月です!辛抱もあと少し。がんばろうねぇ。

熱があろうと咳が出ようと、音楽を聴かない日は無い私です。最近メインでネットワーク活動しているFACEBOOKでは、毎日毎晩いろんな音楽やLIVE画像が海外の友達から寄せられてきて、「これを聴いて!時間作って聴いて!!どう思うかchi-Bの意見を聞かせて!!!!」とメッセージつきのラブ・コールのもあって、それには答えないわけにはいかない。もちろん聞きたくて仕方ないし。一日でもスキップすると溜まりすぎた宿題みたいになってしまうのでもはや”必死”で(?)聴きまくっています。新旧(ちょっと旧が大目かな。旧ダク?)取り混ぜて聴いているのですが、あまりにイイ音楽が多すぎて、全部をゆっくり聴けないのが悩みでもあります。

たいていがSOUL、R&B、HIPHOPやREGGAE、JAZZにFUNKと黒人音楽中心なのは、お友だちのほとんどがアフリカン・アメリカンだからなんですが、これが美味しい音楽ばっかりなんです。今更と言われるかもしれないけど、わかってきたのは、近年の歌だと思ってたのが実はめちゃくちゃ古くからある歌のリメイクが多いこと。そういうのが確かにあるとは知ってたけれど、ここまで多いとは驚きでした。もちろん演奏のアレンジが新しいねんけど、基本的に歌詞やリズムは元の曲のまんまだったり、ベースラインやピアノの一節を使っていたり…要するにDJさんの言うところの『元ネタ』ですね。これが毎日バンバン出てくるのが面白いです。そうすると、ここ十数年〜二十年でヒットしてきたHIPHOPとかR&Bとかは昔の焼き直しが多いんかな。(今の日本もその傾向があるかな。)その中を、まるでラグビーかアメフトみたいに障害物をかいくぐって駆け抜けて真のオリジナルのメロディーやリズムを出して売れていく人たちはそうとうカッコいい!ぜひとも私たちもそうありたいもんです。言うは易し行うは難し、それが音楽の厳しいところ。ま、がんばります。

私の貼りつけてる音楽チョイスもちょっとばかり人気があって、「こんな良い歌があったのは知らなかった〜。ありがとう!今度DJのリストに入れようと思って手に入れたよ!」と言ってくれるブラザー達もいます。知らなかったと言われてコチラはびっくりなんだけど、そりゃそんなこともあるわねぇ。膨大な数の名曲があるアメリカの音楽だもの。アメリカに生まれてずっと住んでいると言えども知らないのがあって当たり前です。ちょっとお役に立てて光栄でもあります。日本では音楽の話になるとたまに私はゲテモノ好きとか悪口を言われたこともあるんですが、所変わればヒーロー(あ、ヒロインか?)になりうるのであります。hahaha〜。あなたの知らない世界っちゅうもんが、確かに存在するのだゎ!

そんな私は、ここ十数年ずっとメキシコの音楽が聴きたいと思ってます。それもぐっとロマンティックなノスタルジックなバラードを。これが探しにくい!誰か知ってる人いませんか。あの胸の奥底から湧き上がって来るような愛ある優しい歌の数々。LAならメキシコの音楽番組がいつもテレビで見れて、そこでいつもうっとりと聴きほれるような歌をいっぱい聴けたのになー。メキシコの人ってあんまりyoutubeとかしてない気が(あくまで”気”がですが)する。どうなんやろ?国民的メロディーみたいなのが聴けるサイトがあったらぜひ教えて下さい。いつまでも待ってます。よろしくねー。ほんま涙チョチョギレそうなくらいに綺麗な歌があるねんよ。スペイン語がわからんもんだから探せません。いったん歌が始まったら、言葉の壁は崩れ去っていくのだけど。

追伸:今日「二人のビッグショー」で尾崎紀世彦さんwithマヒナスターズが演奏してはったけど、ごっつ良かったです。ハワイアンを演奏して歌っていたのだけど、うまい!優しい!綺麗な発声!と綺麗なハワイアンの発音!よほど大好きでやってはるのだとすぐにわかりました。聴きほれて、ほとんど泣きそうになったほどでした。やっぱり好きのパワーに勝るものなしかもね。


…♀…
posted by chi-B at 02:08| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

Californiaからの便り


Flm12.jpg


カリフォルニアのbrother、グレゴリーさんから写真とchi-B&masta.Gのニュー・アルバム『Dreaming』を聴いてのフィード・バックを頂きました。私の心のふるさとであるアメリカのあの綺麗な街からの嬉しい便りです。


gregory.jpg


"I'm in love"

Your CD is the BIG BAD BOMB and I love it ! I'm loving it all but I'm stuck on " California Wind " gonna put it on my MP3 player right now !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! Thanks again 2 U and Masta G

P.S.
Give Masta G a big hug from his new brother Gregory we are now more than friends you and he are my Sister & Brother !


BIG BAD BOMB… いいねー。エエ感じです!こんなん言ってもらえたらホントにうれしいゎ。そして『カリフォルニア・ウィンド』がお好きだとのこと。これもまた嬉しいです。この曲は2002年(だっけか)に何度目か訪れたカリフォルニアでの最高に楽しかった3か月の思い出が中心になってできた歌だから、今回のアルバムにのって海を渡って里帰りを果たしたみたいな感じがしています。”この身は行けない場所にも、音楽は飛んでいける”…これは私が好きなmasta.Gの言葉のひとつで、何十年も前に聞いたもの。まさしく今それが現実となって降り注いだ感覚です。これからもがんばって、この身も飛んで行きたいもんです♪

お水取りで寒い寒い日本の大阪だけど、私のココロはただ今あったかです。さて、明日からまたがんばるか!おー。

…♀…
posted by chi-B at 02:21| 大阪 ☔| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

今日もアメリカからの声が来たので


EG1.jpg



昨日にひきつづき、CDを聴いてくれたAfrican-Americanの知り合いからのメッセージを掲載してます。ずうっと前にご紹介したことのある、アメリカ音楽界でもポピュラー&フェイマスなラッパー”50セント”の、叔父さんDavidさん。FUNK好きからのつながりから始まって、もうずいぶんと長い間応援して下さってるありがたい男性です。

HELLO CHI-B!!!!!!!!!!! I LOVE YOUR CD!!!  The music is on point, tell Masta G, great job.  Your voice is amazing.  I am playing your music in my car.  This spring I will be playing it for everyone to hear.  We need you to ship your CD to a few radio stations.  I knew your are a STAR!  Congrats and THANK YOU!!! This  CD was and is a great birthday present for me.  My birthday was Monday, so I am really happy to receive your music.  Your an amazing artist and I appreciate to gift. THANK YOU AND GOD BLESS

David

Give Masta G a HIGH FIVE from me. (:

「君はスターだと僕はずっと知ってたんだ!」といつでもコレを言ってくれるねんけど、ここにも書いてくれていますねぇ。う〜ん。やさしい人やなー。うれしいメッセージにふっと笑顔が出て、それから改めて身が引き締まります。masta.Gの音作り、そしてkazhやKG-Kのトラック作り…すべてが合いまって、私たちの好きな音楽の発祥の地の人の耳へと届くということは、とても感動的でもあります。Davidさんも、この春には友達に聞かせまくってくれることでしょう!全国各地どこかで聴いてくれる人からの声はほんとに嬉しい、そして刺激になります。また日本の皆さんもどうぞよろしく〜♪


…♀…
posted by chi-B at 22:44| 大阪 🌁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春でしょぅ?もう。^^


Flm13.jpg


未婚なりにも主婦業をこなしていると、洗濯物の乾き具合で季節がわかる!今はもう春やね。(いえ、主婦業してなくてもわかるでしょうが。)このまま徐々にあったかくなり続けるといいんですが、さてどうなることやら。しばらく更新してない間に体調壊してました。たぶん季節風邪ですゎ。でももう大丈夫。それに、イイことやら悪いことやら、風邪から復活を遂げた今、なんでだか肌がつるつる。顔なんて剥きたてのゆで卵みたいで。なんでだろう。Detoxでもできたのかな?薬を飲まないで治したのが良かったのかな。ちょっと荒療治を自分に試みてましたが、人間の体というのはよくできたもんです。勝手に治る方向に行くのがエライね。

ニュー・アルバムを手に入れて聴いてくれた皆さんからの感想やフィード・バックも楽しみにしています。今のところはアメリカのAfrican-Americanの皆さんからのメッセージが毎日ちょっとずつ届いています。

"chi-B, I got your cd and it's off the chain. I've been playing it every day since I received it. You and masta.G are so talented. Your voice is smooth like Sade. I love it! I'm glad to have you in my life chi-B. " (作家Brooklen Borne氏)

(off the chainって嬉しい表現です。シャーデーの歌声に似てるって言ってくれる外国のリスナーがたまにいますが、そうかなあ?スモーキー・ヴォイスだからかな。rapのほうはTLCのリサ・ロペスに似てると2,3回…ま、バチあたりにならないよう磨きますです。リサ・レフトアイ・ロペスはきっと天国で見てはるからネ。信じる者は救われるねんから。w)

"chi, I received the CD since evening and I played all the tracks. I love it. Thank you so much. The sky is the limit for you and masta. G. I wish you the guys the best in all your endeavors. I keep playing tracks 2, 3 and 5 over and over. I love your voice on track 5, so sensual. I love all 12 tracks. But track 2 and 5, just takes me to the place where I never want to leave. Kudos to you and Masta. G. Much love and hugs to you guys. One love!!! "(この人も作家のAnthony Pathfinder氏)

(トラック2はDreamin' On The Beach、トラック5はLove Will Wait、普段はシャープな黒人LIFEの小説を書くウィットにとんだ彼ですが、ほんとはきっとロマンティックなのがお好きなんでしょう。「帰りたくないような場所に連れて行ってくれる」…これは素敵にウレシイ感想です。ミュージシャン冥利につきます。)

…他にもまたきっと届くと楽しみにしつつ…そうそう、忘れちゃならない我らが日本の”愛ある音楽リスナー”代表選手のおひとりasianimprovさんもブログでこのアルバムからインスパイアされた(なんて言っていいのか迷いつつ)新手のポエムのような記事「chi-B&masta.GのModestなヒップ・ホップは最高やで!」を掲載して下さっています。これはまた楽しい嬉しい応援で、asianimproveさんありがとうございました。

(”Osakaの誇りchi-B&masta.G   あなたとわたしの、chi-B&masta.G” のくだりが私のハートを泣かせてくれます。いつも、怖いとか怒ってるでしょう?とか言われるchi-Bさんの、実はmodestな部分に気づいて下さった稀有なasianimprovさんのアンテナが鋭くて素晴らしい<3)

こうして皆さんの声に励まされながら、また次のドアーを開こうと思う私たちです。またメッセージをお待ちしてますので、Positive Vibrationを送って下さい。まだゲットしてない方はぜひよろしくね。生活のいろんな場面でどうぞかけていて下さい。お友だちにも聴かせて差し上げて下さい。で、LIVEでお会いしましょう。それまでまた修行中です♪では、皆さん、どうぞこれから移り変わりながら咲きほころぶ優しい春を満喫なさって下さい。

PEACE&BLESSINGS キスマーク

…♀…
posted by chi-B at 01:21| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

Down to earthで行こう!


EG5.jpg


ずっと前にブログで書いた母による本の朗読は今もずっと続いている。想像力を働かせて映像を思い浮かべるような気持ちで、できるだけ大きめの声を出して肺の運動にもなるようにと。母の読めない漢字の読み方をヒントを出しつつ考えてもらいながら、ただ字面を追うだけでなく文章の意味や著者の胸の内を掘り下げて少しでも理解できるよう、解からなければ私なりに噛み砕いて説明し…そういうやりかたをしているから、一人で読むのとは違って、進むのはおそくなる。去年はやっとこさ2冊を読了した。写真家で、私の伯父さんである糸川燿史さんの「東海道徒歩38日間ひとり旅」と、随筆家の故・岡部伊都子さんの「野菜のこよみ くだものの香り」。どちらも簡単な文章の中に深い深い人生への思いを織り込むようにこめた優しくて強い本。

今読んでいるのは、岡部伊都子さんの「心のふしぎをみつめて」。これは中学生・高校生用に書かれているらしいけれど、でも内容はそうとうに深い。深い…というのは、読み手の心深くにある襞に滑り込んでくる。真実の声だからだと思う。今の中学・高校生たちも授業でこういうのを読んでくれているようにと願う。「死にたがりの子でした」と自分で仰る岡部さんの、死にたがりからの脱出。高齢者である母も、やはり他に漏れずそれなりに悩み、哀しみ、それでも生きている日々で、ココロは疲れていることだろうと思ったのでこれを選んだ。masta.Gさんの御実家からお借りしているもので、岡部さんからの寄贈である貴重なコレクションからの一冊。お陰さまで、母は少しずつなりにも岡部さんからの目に見えない本気のエールを受け止めているようで嬉しい。

次のLIVEまであと一週間を切った今、こういう時間がいつもよりも大事なように思える。リハーサルはもちろん大事であるけど、もしかしたらそれ以上に、私にとっては実生活の充実が大事。そこに私は両足を根っこのように生やして音楽をしているからかな。音楽を始めて、LIVE活動もやり始めた頃、LIVEの日には落ち着かなかった。わくわくとドキドキが混然一体となって、非日常な感覚にとらわれて勝手な妄想の世界に浸りこむような自分が居たと思う。そんな私を見てとってかとらずか、LIVEへ行くために誘いに来た私に向かって、masta.Gさんは「ご飯を食べるから、今すぐにブリの照り焼きを作って。」と言った事がある。その瞬間は愕然!としたような記憶がある。こちらはお化粧もきちんとして、用意万端整えて、あとは会場に行くだけのハリキッた頭なもんだから、(えええええ!!!!何でもう出発する今になってブリの照り焼き!!??髪の毛が魚のにおいになるやんか〜T_T)と思いながら、作りはした。

今だから分かるようになったこと。地に足付けた普通の”生活”の中でこそ音楽はさらなる輝きを増す。逃避するものでもなく、おもちゃでなく。だから毎日の生活が大事。母と過ごすこんな時間が大切。それがあって、そして、ぶっ飛ぶ時がやってくる。自然にやってくる。その時にこそ、4次元ワールドへの切符が渡される。他の人の事は知らない。でも、私には、音楽とかLIVEとかはそういうものになりつつある。

…♀…
posted by chi-B at 02:45| 大阪 ☀| Comment(3) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

16ビートに恋した乙女は絶好調(嬉!)


3Street5.jpg


お正月気分もぬけきって、19日のLIVEが近付いてきた感覚が全身を覆いつつあるchi-Bです。時間が間に合う人は、きっと来てね。右にフライヤーがありますのでチェックして下さい。新しいアルバム『Dreaming』もぜひ購入して下さいね。世の理不尽と徹底的に闘う(タイソウな!)インディーズ・ミュージシャンへのアツアツのサポートをお願いします。先日アップした新曲"16ビートに恋した乙女の物語"(英語タイトル:Funky Osaka)が、やたらと海外のリスナーに人気で、繰り返し聴きに来てくれる人や、自分のページに音を貼ってくれるフレンズ達が増殖中です。日本語の歌詞でもぜんぜん気にせず、というよりも、それが魅力と感じて聴いてくれるのが楽しいね。日本が誇るギタリスト/トラックメイカーkazhのグルーヴィーなバックトラックも人気のキー・ポイント。「サックスの音と君のvoice&flowがお気に入り!」「Very smooth!」「I love it!!」「Very Funky!」「Fonkey!!\m/(..)\m/」などなど、楽しいメッセージももらいました。そして、言わずと知れた…でなく…言わないと気づかない人が多いかもしれないのがmasta.Gの最終ミックスの仕上げの効果。chi-B&masta.Gの音作りには欠かせないこの大胆さと繊細さが絶大な影の力となって、ガツンと彼らのヘッドを直撃するのでしょうか??まだお聴きになってない皆さんはぜひどうぞ♪ Funk Goes On ∞。


chi-B%26masta.GQuantcast


…♀…
posted by chi-B at 03:10| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

作って焼いて刷って&刷って∞∞∞


3Street12.jpg


クリスマスはいかがでしたか?私の方は、母と二人で歌ったり笑ったりして過ごしました。今年も無事に二人で過ごせてよかった!!ちょっと雪なんかもチラついて急に寒くなった大阪の、静かな静かな真夜中に、1月19日発売のNewアルバム『Dreaming』をヤキながらの更新してますが、連日連夜の5時間睡眠での大活躍で、もう目がシバシバ…です。けどもたくさんの人々に届けるべく、たくさんのCDを作るぞ〜!(と、自分に喝を入れる。)

今日からもう、しめ縄やらウラジロやらが店頭に並んでて、いよいよお正月がやって来るのを感じてます。時の経つのは早いもんですネ。いつまでも子供でいられたらイイのになぁ。「○○ちゃんへ」と書かれたポチ袋がナツカシイ!笑  もうあと一週間ほどかぁぁぁぁ。今年もよく頑張ったな。「私、どんどん健康になって、病気せえへんようになりました。」とmasta.Gに言ったら、「好きなことだけやってるからや。」というお返事でした。御名答!!

ますます寒い日が続くようですので、皆さんお大事に。あとちょっと、もうちょっとで、気持ちも新たになる新年です。

…♀…
posted by chi-B at 02:51| 大阪 ☁| Comment(2) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

フォンキ フォンキー ヘッドな私


3Street14.jpg


”冬将軍”なんていう昭和チックな言葉が浮かんでくるような、雪もちらつく大阪の真夜中です。明日(というか、今日)はクリスマスですが、何の予定もないやん!!ちょっと前なら、クリスマスパーティーだの、LIVEイベントだのと盛り上がるはずの日ですが、昨今のNIPPONは元気ないねえ。ちょっとググっと立たせないと!ミュージシャンを呼んで、お客さんをわんさか入れて、ギャラをはずんでくれないとオモシロないやん。なんかセコイ小銭稼ぎの商売ばっかり考えてないですか〜?(誰にゆうてるんや?笑)お客さんもチップのひとつもはずんでくれるような、粋な男気のある人、最近の日本ではとんと見かけへんねー。ガツンと一万円札でも胸元に押し込んで頂きたいわぁ。(爆)ちょっと前までならそんなオッチャンも居たんやけどね。

このアポロ・シアターのLIVEのビデオ、LAに住んでた時に腐るほど見たなー。CDも擦り切れそうなほどかけまくって…。この曲は特にお気に入りだったナ。この卑猥なタイトな腰の動き、最高やねえー。日本の人もこれできる?やれるんかな?見せて!!!やって見せてー!!賛否両論あろうと思いますが、私はR.KellyはNate Doggと並んで、’90年代では最高のソウル・シンガーやと、思ってます。めっちゃ好きです。だって、こんなに歌うまいやん。変態っぽくても。音楽はこれでいいねん。ちょっと狂ってるっぽいのが素晴らしいネン!一回会ってみたいわ、この人。日本の男の子よ!あれこれ偉そうに言う前に、まずはこの腰の動きができるようになれ〜〜〜!!!これを公然とやって見せてくれたらば、YOU ARE MY MAN!!! lol。日本に足りないもんはこういうエロティックなバイタリティーじゃないのか?(ホンマかいな…w)私は、さわやかなデュオとか、フレッシュなイケメンなんてものには興味無いんですゎ。




メリー・クリスマス、エヴリワン♪

…♀…
posted by chi-B at 03:40| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

たまにはゆっくりと。


2Street3.jpg


昨日の夕焼けからずーっと綺麗な雲ひとつない空なので気分がいいことこの上ない!chi-Bです。今日は満月なのかな?まんまるの月が煌々と光ってて、御供のように星を従えてる大阪の夜。ここのところ、曲を作るかLIVEをしている時以外は、まるで主婦みたいな生活だった私のブログは、しばらく告知っぽい記事しか書いてなかったような気がするので、またこうしてキーボードをぽこぽこと叩いております。今年のまとめを書くにはまだ早いけど、なんやかんや言ってももうすぐクリスマス。そしてその後は転げるように加速度を増しながら年末、そしてついに2011年へと時が動いて行きます。今年は(今年も)、いろんな出来事に追われるように過ぎて行きましたが、新しいアルバムを作ることができたのがウレシイ救いです。来年の第一回目のLIVEで先行発売開始するわけですが、出来るだけたくさんの方に聞いてもらいたいもんです。

最近ちょくちょくやり始めた路上LIVEは、精神的に新鮮であるし、音楽の修業的にも良い訓練になっています。いつものLIVEとまったく違う点は、人たちが動き続けて流れていくところで、これはある種、とても自然で理にかなっていて人生の縮図のようでもあって、なんとも哲学的です。聞いてか聞かずか目の前を行く人だけでなく、下の道路を通る車も色を変える頭上の空も刻々と変化していく中、出しては消えていく音を奏で紡ぐ行為を続けている自分、そしてmasta.G。今生きている瞬間の声と音。目に見えないけど確かにある(と信じている)何か。生活へ、音楽と言う魔物のようなものへ、過去へ、未来へと止め処もなく飛び回る自分の中のめくるめく想い。音楽のもつ多様性…。なにもかもが諸行無常で、永遠に残っているような、始めから何もなかったような、その無いようで有るZEROを悠久の宇宙に刻み込むためのONE。わかるかな〜。わかんねーだろーな〜。

生活ががらっと様変わりし始めた今年の秋は、何度も彩雲を見て、そういうものに心を励まされている自分を(変わってきたかもな〜)と少し客観的にも見てたりしました。浮かぶ言葉は、できれば歌に込めたくてあまり長いブログ記事を書かなくなった私でした。それでも楽しみに読みに来て下さったあなたに心からの感謝をお贈りします。いつもありがとうね。まだまだ続くので、どうぞ耐久の姿勢でチェックよろしくお願いします。そして何度もしつこいですが、アルバム『Dreaming』が発売開始の折には、ぜひとも手に入れて下さい。それは音に乗せた私のブログ記事みたいなもんです。あるがまま、浮かぶがままに作って来ました。ジャケットも夜なべで作りました。写真も大事なものばかりです。心と人生すべて込めてます。宜しくお願いしますね。

先だって亡くなられた大阪の名プロデューサー阿部登さんが、「歌はまごころやで。」と仰ったとの記事をどなたかのブログで目にしました。ああ、そうや。そうやったなぁ。と改めて思います。「心」とは意識してたけど、「真心(まごころ)」はさらにリアルです。やさしさも、お色気も、怒りも、笑いも、迷いも、哀しみも、ファンキーさも、”本気”の真心で音に乗せないと。明るいのも暗いのも、どっちにしても嘘はアカン。岡部伊都子さんが言われた通り「まごころを 売ったらあかん!」亡くなった人は偉大な人が多いのが、何ともいえず寂しくウレシイ今日この頃です。さて、もうひと頑張りして、12月を仕上げにかかりましょか!PEACE!!!!!

3Street11.jpg



…♀…
posted by chi-B at 03:04| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

クリスマス前の陸橋LIVE@天王寺


3Street3.jpg


きのう(日曜日)は随分とあったかだった大阪。またまたmasta.Gと天王寺の陸橋の上で路上LIVEをやっていました。クリスマス前の日曜日ということで、歩いている人たちもなんだかにこやかに感じられました。

子供たちはプレゼントを買ってもらいに来たんだろうな。かわいらしい”余所行き”の服を来て、ちょっと大きな荷物を持ってる。あれはオモチャに違いない!なんて思いながら、お母さんに手を引っ張られながらも興味しんしんでじーーーっと見つめている小さな人たちと目が合えば、chi-Bさんとっておきの♪極上笑顔♪で(子供と動物に向かって発射するこの特別製の笑顔は、いつものと違って怖くないねん。笑)見つめ返して、そおっと手を振って見送っていました。恥ずかしそうに眼をまんまるくしてビックリしてる顔を見てたら、ほんとにかわいくて仕方ない!よい子のみんなに、いいクリスマスになるといいねえ。デートの待ち合わせのひと時に、ずっと耳と目を傾けてくれていた優しい男の子、ありがとうね。フライヤーを受け取ってくれたから、よかったら彼女とLIVEへ来て下さいな。なんでだか携帯で写真を撮ってくれてたお嬢さん、うまく写っておりましたか?その写真、きっと値打モンになるから失くさず持ってて下さいねー。^^

今日も空と通天閣と植物園の木々が綺麗で、思い出が次から次へと駆け抜けました。あの街には、私の子供時代・学生時代の思い出がわんさかつまってるから、すごく好きです。月も夕方からずっと見守ってくれてたし。ありがとう。ありがとう。すべての思い出と今の瞬間とに!また逢いましょう。携帯電話も持ってないからツイッターでさえずることさえできない、そんな私たちの、予告なしの路上LIVEです。街の空気に溶け込みながら…PEACE。

…♀…
posted by chi-B at 03:34| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

みなぎるSOUL POWERのみなもと


DecB6.jpg


来春4月or5月のLIVEの打ち合わせが無事に終了。楽しみがわんさかできました。リスナーの皆さん、来年のchi-B&masta.Gはさらにハードに行きます。耳掃除して待ってて下さい。いつも十人十色・多次元・全方向からの応援ありがとさん!無意識の中の意識から伝わるそのバイブスのお陰で、私はこれからも心置きなく音楽できます。何よりも健康で。もちろん身体だけでなく、心の健康も!!新しいアルバム『Dreaming』3,000円、どうぞよろしく!ジャケットも中身もごっつぃ素敵な仕上がりになってます。来年早々に発売開始します。まずは1月19日のLIVEで先行発売開始です。遊びに来てゲットしてね。じゃっ!


FrontSmall_retouch.jpg

…♀…
posted by chi-B at 04:11| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

陸橋ライブ@天王寺ふたたび♪


2Street1.jpg


日曜日の午後から、また天王寺の陸橋の上でストリートLIVEをやってきました。たのしかった!です。クリスマスも近づいてきている日曜日で、たくさんの人出でにぎわっていました。フォーク・ソング的な音楽が多い陸橋の上のストリートmusicの中で、私たちの音はちょっと、いやかなり?異質でしたが、若い学生さんのグループが前に立ちどまって聴いてくれてるうちに、chi-B&masta.Gの音に合わせて踊りだしたりして、それはうれし楽しいハプニングでした。ありがとね!イイ感じやったねえ。

フライヤーを持って帰ってくれた方もたくさんいて、ふり返り、振り返り、笑顔で歩いて遠ざかって行くお姉さん、ちょっと離れた場所からしみじみ目をつぶって聴いてくれている人もいて、やりがいもうんとありましたです。興味を持ってくれた皆さん、どうもありがとうございました。(ここをご覧になってるかはわかりませんが、もし居られたら、あなたのハートにLOVE LIGHTを贈ります揺れるハート)ぜひ1月19日のLIVEに来て下さい。新しいアルバムも発売します。

道行く皆さんに聞いてもらえることはもちろんのこと、遠く、高く、空に向かって大きな声を出せることにも感謝してます。かなたから見てくれてるかも知れない父や兄や友達の笑顔が雲の合間に見えるような瞬間が何度もありました。天気の良い週末あたり、またストリートをやる予定ですので、よろしくです!だんだん寒くなるけど、どうぞ皆さんお元気で。

…♀…
posted by chi-B at 03:40| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

天王寺の陸橋で演奏しました


Street3.jpg


ありがたいことに、そんなに寒くない12月ですねえ。ずっとこんなだといいのに…って言ってもムリだろな。土曜日の午後、ストリートLIVEをやってきました。masta.Gと二人で天王寺の陸橋の上でやりました。二人で出掛けるストリートLIVEではドラムセットは到底無理なので(運ばれへんし)、masta.Gはコンガでやってくれました。

天王寺の陸橋は…あれは私の長〜い人生のいろんな瞬間に必ず登場する思い入れのある場所です。小さいころには両親に手をひかれて通ってた場所。そこでマイクを握って歌い・動いている私を興味深そうに振り返り振り返り見ていく小さい女の子たちと、自分の子供時代がオーバーラップします。私の子供時代には目深に笠をかぶって小銭をもらっている虚無僧しかいなかったけどネ。(虚無僧が現代の若い君達に通じるのだろうか??笑)現代の虚無僧はビートを奏でながら歌って踊るのであります!小銭も欲しいし、CDも買って欲しいわ♪よろしく頼みますよ〜。

かなり晴天だったので、空の色の変化が綺麗でした。夕焼けの前後、ネオンサインも木々もビルも、何もかもが濃い色に変わる頃、私たちも絶好調に達します。持って行ったバックトラックは、次に何が出てくるのか、もうシャッフル状態で、もちろんモニターもない出たとこ勝負みたいな感じですが、この日のヒットはWalkin'&Workin'だったかな。なんだかとっても街の雰囲気になじんで流れていたように思います。

振り向けば宵闇迫る”ザ・通天閣”がライト・アップされて浮かんでる。あのライト・アップにはいろんなバージョンがあるって大阪以外の皆さんは知ってる?シーズン色を醸し出す工夫がなされてるのであります。小学校から習ってた習字の教室が西成区にあって、中学1年生の時に今の街へ引っ越してから、高校、大学とずっと電車で通ってました。おばあちゃんの家に寄って、習字に行って、帰りがもう暗くなってくるとき、早く帰らなきゃ怖い〜って必死になってあの陸橋を小走りに走って駅に向かったことも思い出します。泣いて笑って時にはふくれっ面もして通ったあの場所で、今はこうして歌っております。

立ち止まって新しいアルバムのフライヤーを取って行って下さった皆さん、どうもありがとう。ぜひ1月19日(水)のフラミンゴ・ジ・アルーシャでのLIVEに来て下さいな。そして当日発売開始のニュー・アルバム『Dreaming(ドリーミング)』を買って行って下さい。今がんばってジャケットのデザインの仕上げをやっております!すべてはあなたに聞いて頂くために〜です。ヨロシクお願いします。声をかけて下さった方もありがとう。また逢えますように。

…♀…
posted by chi-B at 02:15| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

喜びと切なさとが織りなすLIFE


uni3.jpg


11月30日に、母と二人して父の一周忌をひっそりとすませました。この一年間は頭の中が回り舞台みたいにくるくると回ってたような感じでしたが、もう残すところあと1カ月のみ!時間と言うものはなんとも不可思議です。スローモーションみたいなパーツ、パーツが、それでもびゅんびゅんと飛び去っていくようですよね。とりあえず”喪が明けた”と自分に言い聞かせて、久しぶりに大阪の街へ出ました。目指すは写真家(そして光栄なことに私の伯父さんでもある)糸川燿史さんの作品の上映会。

大阪の文化(人)を語る時、この写真家/ビジュアル・アーティストの存在を決して忘れてはならない。私はそう思います。嘉門達夫(かもん たつお)さんも駆けつけて来られてました。そして大阪のミュージシャンから演芸家、その他文化人のみなさんが大勢。山のようにある作品集から、数種類のスライド・ショウ(これには必ず古いJAZZやOSAKAのミュージシャンの音楽がともに流れます)と、最新バージョンの”レモンセッケン4”を見てきました。”大阪ディープサウス”というスライド・ショウに心を奪われたのは、モノクロで写し撮られた昭和時代の大阪の街風景の数々の持つエナジーのせい。そこに写っているのは、自分が生きて見てきた瞬間とピッタリ重なる記録とゆっくりな時間。家の前の道で、大人たちに見守られながら集まって遊ぶ子供たちのそばで、ただぼーっとなじんでいる放し飼いの雑種の犬達。土の道。ジャンジャン横丁の将棋サロンで真剣に将棋を打つおじさん達。店屋でご飯を食べている男性のひとりが「アッ!私のお父さんじゃなかったのかな?!」と見えたけど、画面はどんどんと進んでいくのでした。

”ポートレイト”というスライド・ショウでは、糸川さんがこれまで撮って来たスター達が次から次へと流れていきました。クレイジーキャッツ、坂本龍一、赤塚不二夫、沢田研二、山口百恵、キャンディーズ、ピンクレディー、横山やすし、坂田明、エトセトラ〜。覚えてられないくらいの著名人の数々。シャガールの奥様の写真もありました。吉本新喜劇の雑誌”マンスリー吉本”のために撮っておられた写真は、テレビでおなじみの漫才師、落語家のみなさんが大阪の街に飛び出して、普段の宣伝用の写真とはちょっと違う一面を見せていて、どれも面白くて、もっと見たい!と思わせられます。何十年も前に帝塚山のお家で、糸川さん自身がテレビ取材を受けておられるときのビデオもあって、その古き良き木造日本家屋のキッパリとした美しさにも感動を覚えました。

楽しいばかりの時間になるかとワクワクして出かけた私の耳に届いたのは、寝耳に水のような、阿部登さん逝去の訃報。まさか!と思い、初め聞いた時には何を言われてるのかも分からなかった始末です。大阪の音楽シーンを支えて来た素晴らしく心の大きなファンキー・プロデューサー阿部さんの死はあまりにも早くて、どうしても実感がわきませんが、どう自分が感じようと、それは本当なのでした。悔やみの言葉よりも、今は心よりお礼を言いたいです。どうぞ安らかに大阪ミュージック・シーンを見守り続けて下さるようにとお祈りしています。いつも優しい言葉をかけて下さったことが励みになっておりました。声をかけて頭を下げた私に向かって、手を両足の脇にピッと伸ばして同じように頭を下げて挨拶して下さる姿が目に焼き付いています。CDを作るたびにお送りしていたら、春一番のコンサートのステージ上から私たちを見とどけて、「いつもCDありがとう!」とマイクで声をかけて下さったときはホントに恐縮しました。決して偉そぅばらない心の柔らかそうな素敵な人でした。(そして歌ってる時は何ともいえずかっこよかった!)masta.G宅に送って下さる封書のLIVEの案内の文字も忘れられない。時間が許せばもっと話してみたかった!残念でなりません。

哀しみをちょっと含んだ、幸せ。大人になると、それを味わうことがうんと増えます。無邪気にただただ笑ってたモノクロームの頃は、今は写真に残るのみなのでしょうね。そしてLIFE GOES ON。その時がやってくるまで、何があっても人生は続いていきます。心して生きていかなくては、と思いも新たです。帰りのJRで、糸川さんの「レモンセッケン」シリーズと、そしてハリウッド映画「ブラック・レイン」にも出演されていた田口哲さんと御一緒して、演劇や音楽についてうんと話しこんでいたらあっと言う間の天王寺。ちょっと哀しい思いを含んで見上げた夜空の星が綺麗でした。

…♀…
posted by chi-B at 04:45| 大阪 | Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

A new album is coming soon.


plumeria Pictures, Images and Photos


だんだんと寒くなりつつあるNippon。正直、冬は一番苦手な私です。家事を全部引き受けてから、指は手荒れなんていうかわいらしい感覚を通り越して、まるで時代錯誤みたいにアカギレになっててパカッと割れる。だもんで、水ばんそうこうを初体験。これって…子供の頃にセメダインを指に塗って乾かして遊んでいたあの感じとすごく似てますネ。なんだか懐かしい昭和ティックな感覚。乾いた頃にピリピリっと剥がして遊びませんでしたか?そんな変なことをして楽しんでたのは私だけかな。でもね、ガサガサってなった手指をさわってると、お母さんの手を思うねん。「そうだ、こんな手をしてたな。”手が荒れて痛いねん。”と言って見せようとしてたけど、ちゃんと聞いてあげてなかったかもなぁ。こんな気持でいたんやろうなぁ。」って、じっと手を見て思ったりします。けども、1月19日のLIVEまでに治さないと、これじゃーあんまりだゎ。この手で握ったら、SUREのmyマイクロフォンが雑音ひらってしまうに違いない。(笑)ミトンチャンをゲットしなくては。hahahahahaha!!!

え〜ッと、手荒れの話はさておき!chi-B&masta.Gの新しいアルバムがもうすぐ出来上がります。今、ジャケットを鋭意デザイン中です。出来上がったら、ぜひともお買い求めのほど、よろしくお願いします。次回のLIVEはNew Album発売記念LIVEと致します。どうぞ来て下さい。お年玉orボーナスを少し貯金して待ってて下さいな。インディーズ・ミュージシャンの生活の集大成です。LOVE&SUPPORTを♪ では、皆さん、寒いですがお身体大切に。この頃はtwitterの短い会話が主流みたいですが、私は今しばしブログで情報発信を続けます。こっちのほうが性に合ってるので。ではまた〜。PEACE!

…♀…
posted by chi-B at 02:51| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。