2010年12月28日

Teena Marieよ安らかに眠れ!


Street2.jpg


26日、アメリカのSOUL/R&BシンガーTeena Marie(ティナ・マリー)が亡くなったそうです。まだまだ若いのに残念なことです。この人を知ってるという日本人には、数えるほどしか会った事がないし、ましてや好きだと言う人には私はまだ一度もお会いしたことが無いのですが、アフリカン・アメリカン達には、彼女に絶大なる支持をする老若男女のファンがわんさか居て、今回の訃報でショックを受けているbrothers&sistersの書き込みとお悔やみの言葉がFacebookにもあふれています。

知らない人はぜんぜん知らないであろう彼女は、アメリカ黒人社会で『ソウル・シンガー』と認められた稀有な青い目をした白人です。言葉にすればそれだけのことかもしれないけど、黒人と白人の確執を体験した方なら分かるはずで、それはちょっとあり得ないくらいのスゴイことなのであります。私の知っているだけでも、ラジオで彼女とLIVEでお話しした女の子が嬉しさのあまり狂喜して、しまいには泣きだしたことがありました。それほど、彼女の歌声は黒いハートに火をつけるだけの熱い魂と優しい愛があるということの証だと思えてなりません。

日本のファン達が黒人音楽に求めてるものは何なんでしょうネ?ドレッド・ヘアやタイトなダンス。しなやかなコブシ回しやワイルドなアティチュード…それはそれは素敵です。私も激しく同意します。語りつくせないほど魅力はたっぷりあるけれど、なんでこのブルー・アイド・ソウルな白人ティナ・マリーが、人種の壁をひらりと越えてこんなにも愛されるのかを思う時、日本人にはまだ感じられていない”忘れちゃならないもう一つの何か”を、黒人の人は感じてる/求めてるのじゃないか、と思うのです。それがあったからこそ、100%の愛で受け入れられたのに違いないと。漠然とですが、そう感じます。それでやっと、音楽が音楽本来の力を発揮したのだと。でも、日本人にはほとんど人気が無い。ブラック・ミュージックのファンにさえ知る人が少ない…ここんところのワケは、一体なんなんでしょうねえ。きっとすごく大事なことのはずですよね。

ティナ・マリーの魅力は声にあるとする黒人は多いですが、それだけでもなさそうです。彼女は、とりわけて踊りまくるわけでもないし、そんなに絶世の美女とも思われない。(これは私の勝手な判断ですが)それでも何かが光り輝いているらしい。私の知り合いのあるラスタの女性は、一筋縄ではいかないアフリカン・ルーツの信仰者で、道でドレッド・ヘア風の髪型をしている白人の男の子を見れば呼びとめて、「あなた達はその髪型をしちゃいけないの。なぜなら…」と延々と納得させるまでアメリカ黒人の歴史のお説教をするような女性だけど、その人でさえティナ・マリーは素晴らしいシンガーだと私に言っていました。「歌ってる時の彼女はぶっ飛んでる。She's up there.」だからだそうです。世界中のあちこちにはびこる黒人ワナビーズじゃないと判断しているわけです。

黒人音楽の殿堂アポロ・シアターに来るお客さんは厳しいので有名。そのオーディエンスを沸かしに沸かしているこの素敵なLIVE映像を見ながら、私は心から彼女に尊敬を贈ります。ラヴ・バラードを歌わせたら最高にロマンティックな人だけど、ここではちょっとGangstaなパフォーマンスを。Gangsta=ヤバイ魅力、それこそが私が彼女に感じてるものだからです。



Her voice, music, lively performance will be remembered by all the soul music lovers.
R.I.P., Teena. I loved your "Gangsta" style.

そんな風に書き込みをしたら、黒人男性のお友だちからこんなリプライがきました。

Yes indeed! You said it best, Chi!

やっぱりね。

To Teena…
大切なことを教えてくれてありがとう。素晴らしい歌い手の貴女にBIG UP!


…♀…

posted by chi-B at 03:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

作って焼いて刷って&刷って∞∞∞


3Street12.jpg


クリスマスはいかがでしたか?私の方は、母と二人で歌ったり笑ったりして過ごしました。今年も無事に二人で過ごせてよかった!!ちょっと雪なんかもチラついて急に寒くなった大阪の、静かな静かな真夜中に、1月19日発売のNewアルバム『Dreaming』をヤキながらの更新してますが、連日連夜の5時間睡眠での大活躍で、もう目がシバシバ…です。けどもたくさんの人々に届けるべく、たくさんのCDを作るぞ〜!(と、自分に喝を入れる。)

今日からもう、しめ縄やらウラジロやらが店頭に並んでて、いよいよお正月がやって来るのを感じてます。時の経つのは早いもんですネ。いつまでも子供でいられたらイイのになぁ。「○○ちゃんへ」と書かれたポチ袋がナツカシイ!笑  もうあと一週間ほどかぁぁぁぁ。今年もよく頑張ったな。「私、どんどん健康になって、病気せえへんようになりました。」とmasta.Gに言ったら、「好きなことだけやってるからや。」というお返事でした。御名答!!

ますます寒い日が続くようですので、皆さんお大事に。あとちょっと、もうちょっとで、気持ちも新たになる新年です。

…♀…
posted by chi-B at 02:51| 大阪 ☁| Comment(2) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

フォンキ フォンキー ヘッドな私


3Street14.jpg


”冬将軍”なんていう昭和チックな言葉が浮かんでくるような、雪もちらつく大阪の真夜中です。明日(というか、今日)はクリスマスですが、何の予定もないやん!!ちょっと前なら、クリスマスパーティーだの、LIVEイベントだのと盛り上がるはずの日ですが、昨今のNIPPONは元気ないねえ。ちょっとググっと立たせないと!ミュージシャンを呼んで、お客さんをわんさか入れて、ギャラをはずんでくれないとオモシロないやん。なんかセコイ小銭稼ぎの商売ばっかり考えてないですか〜?(誰にゆうてるんや?笑)お客さんもチップのひとつもはずんでくれるような、粋な男気のある人、最近の日本ではとんと見かけへんねー。ガツンと一万円札でも胸元に押し込んで頂きたいわぁ。(爆)ちょっと前までならそんなオッチャンも居たんやけどね。

このアポロ・シアターのLIVEのビデオ、LAに住んでた時に腐るほど見たなー。CDも擦り切れそうなほどかけまくって…。この曲は特にお気に入りだったナ。この卑猥なタイトな腰の動き、最高やねえー。日本の人もこれできる?やれるんかな?見せて!!!やって見せてー!!賛否両論あろうと思いますが、私はR.KellyはNate Doggと並んで、’90年代では最高のソウル・シンガーやと、思ってます。めっちゃ好きです。だって、こんなに歌うまいやん。変態っぽくても。音楽はこれでいいねん。ちょっと狂ってるっぽいのが素晴らしいネン!一回会ってみたいわ、この人。日本の男の子よ!あれこれ偉そうに言う前に、まずはこの腰の動きができるようになれ〜〜〜!!!これを公然とやって見せてくれたらば、YOU ARE MY MAN!!! lol。日本に足りないもんはこういうエロティックなバイタリティーじゃないのか?(ホンマかいな…w)私は、さわやかなデュオとか、フレッシュなイケメンなんてものには興味無いんですゎ。




メリー・クリスマス、エヴリワン♪

…♀…
posted by chi-B at 03:40| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

インスピレイショナル!


3Street8.jpg


これができない、あれができないと嘆いてばかりの時がありました。

自分の持っていないものにばかり気持が向かって、自分にあるものを忘れがちでした。



自分はダメだとか、自分には何も値打が無いとか、そんなのはすべて嘘だからね!



そう語るこの人の笑顔がいいな。やっぱり心の持ち方ひとつから人生は良くなるんやな。

大事なのは感謝の心を持つことと、

いつまで続くやもしれない嵐に打ち勝つ強い忍耐だそうです。

わかってるはずでも実行するのが難しいことを、真っ当な人はやっていくもんです。

自分の中のネガティヴの力と闘うすべてのPURE SOULにBIG UP!

大きな夢を見よう!とも言ってはります。^^





…♀…
posted by chi-B at 15:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 超独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまにはゆっくりと。


2Street3.jpg


昨日の夕焼けからずーっと綺麗な雲ひとつない空なので気分がいいことこの上ない!chi-Bです。今日は満月なのかな?まんまるの月が煌々と光ってて、御供のように星を従えてる大阪の夜。ここのところ、曲を作るかLIVEをしている時以外は、まるで主婦みたいな生活だった私のブログは、しばらく告知っぽい記事しか書いてなかったような気がするので、またこうしてキーボードをぽこぽこと叩いております。今年のまとめを書くにはまだ早いけど、なんやかんや言ってももうすぐクリスマス。そしてその後は転げるように加速度を増しながら年末、そしてついに2011年へと時が動いて行きます。今年は(今年も)、いろんな出来事に追われるように過ぎて行きましたが、新しいアルバムを作ることができたのがウレシイ救いです。来年の第一回目のLIVEで先行発売開始するわけですが、出来るだけたくさんの方に聞いてもらいたいもんです。

最近ちょくちょくやり始めた路上LIVEは、精神的に新鮮であるし、音楽の修業的にも良い訓練になっています。いつものLIVEとまったく違う点は、人たちが動き続けて流れていくところで、これはある種、とても自然で理にかなっていて人生の縮図のようでもあって、なんとも哲学的です。聞いてか聞かずか目の前を行く人だけでなく、下の道路を通る車も色を変える頭上の空も刻々と変化していく中、出しては消えていく音を奏で紡ぐ行為を続けている自分、そしてmasta.G。今生きている瞬間の声と音。目に見えないけど確かにある(と信じている)何か。生活へ、音楽と言う魔物のようなものへ、過去へ、未来へと止め処もなく飛び回る自分の中のめくるめく想い。音楽のもつ多様性…。なにもかもが諸行無常で、永遠に残っているような、始めから何もなかったような、その無いようで有るZEROを悠久の宇宙に刻み込むためのONE。わかるかな〜。わかんねーだろーな〜。

生活ががらっと様変わりし始めた今年の秋は、何度も彩雲を見て、そういうものに心を励まされている自分を(変わってきたかもな〜)と少し客観的にも見てたりしました。浮かぶ言葉は、できれば歌に込めたくてあまり長いブログ記事を書かなくなった私でした。それでも楽しみに読みに来て下さったあなたに心からの感謝をお贈りします。いつもありがとうね。まだまだ続くので、どうぞ耐久の姿勢でチェックよろしくお願いします。そして何度もしつこいですが、アルバム『Dreaming』が発売開始の折には、ぜひとも手に入れて下さい。それは音に乗せた私のブログ記事みたいなもんです。あるがまま、浮かぶがままに作って来ました。ジャケットも夜なべで作りました。写真も大事なものばかりです。心と人生すべて込めてます。宜しくお願いしますね。

先だって亡くなられた大阪の名プロデューサー阿部登さんが、「歌はまごころやで。」と仰ったとの記事をどなたかのブログで目にしました。ああ、そうや。そうやったなぁ。と改めて思います。「心」とは意識してたけど、「真心(まごころ)」はさらにリアルです。やさしさも、お色気も、怒りも、笑いも、迷いも、哀しみも、ファンキーさも、”本気”の真心で音に乗せないと。明るいのも暗いのも、どっちにしても嘘はアカン。岡部伊都子さんが言われた通り「まごころを 売ったらあかん!」亡くなった人は偉大な人が多いのが、何ともいえず寂しくウレシイ今日この頃です。さて、もうひと頑張りして、12月を仕上げにかかりましょか!PEACE!!!!!

3Street11.jpg



…♀…
posted by chi-B at 03:04| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

クリスマス前の陸橋LIVE@天王寺


3Street3.jpg


きのう(日曜日)は随分とあったかだった大阪。またまたmasta.Gと天王寺の陸橋の上で路上LIVEをやっていました。クリスマス前の日曜日ということで、歩いている人たちもなんだかにこやかに感じられました。

子供たちはプレゼントを買ってもらいに来たんだろうな。かわいらしい”余所行き”の服を来て、ちょっと大きな荷物を持ってる。あれはオモチャに違いない!なんて思いながら、お母さんに手を引っ張られながらも興味しんしんでじーーーっと見つめている小さな人たちと目が合えば、chi-Bさんとっておきの♪極上笑顔♪で(子供と動物に向かって発射するこの特別製の笑顔は、いつものと違って怖くないねん。笑)見つめ返して、そおっと手を振って見送っていました。恥ずかしそうに眼をまんまるくしてビックリしてる顔を見てたら、ほんとにかわいくて仕方ない!よい子のみんなに、いいクリスマスになるといいねえ。デートの待ち合わせのひと時に、ずっと耳と目を傾けてくれていた優しい男の子、ありがとうね。フライヤーを受け取ってくれたから、よかったら彼女とLIVEへ来て下さいな。なんでだか携帯で写真を撮ってくれてたお嬢さん、うまく写っておりましたか?その写真、きっと値打モンになるから失くさず持ってて下さいねー。^^

今日も空と通天閣と植物園の木々が綺麗で、思い出が次から次へと駆け抜けました。あの街には、私の子供時代・学生時代の思い出がわんさかつまってるから、すごく好きです。月も夕方からずっと見守ってくれてたし。ありがとう。ありがとう。すべての思い出と今の瞬間とに!また逢いましょう。携帯電話も持ってないからツイッターでさえずることさえできない、そんな私たちの、予告なしの路上LIVEです。街の空気に溶け込みながら…PEACE。

…♀…
posted by chi-B at 03:34| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

みなぎるSOUL POWERのみなもと


DecB6.jpg


来春4月or5月のLIVEの打ち合わせが無事に終了。楽しみがわんさかできました。リスナーの皆さん、来年のchi-B&masta.Gはさらにハードに行きます。耳掃除して待ってて下さい。いつも十人十色・多次元・全方向からの応援ありがとさん!無意識の中の意識から伝わるそのバイブスのお陰で、私はこれからも心置きなく音楽できます。何よりも健康で。もちろん身体だけでなく、心の健康も!!新しいアルバム『Dreaming』3,000円、どうぞよろしく!ジャケットも中身もごっつぃ素敵な仕上がりになってます。来年早々に発売開始します。まずは1月19日のLIVEで先行発売開始です。遊びに来てゲットしてね。じゃっ!


FrontSmall_retouch.jpg

…♀…
posted by chi-B at 04:11| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

陸橋ライブ@天王寺ふたたび♪


2Street1.jpg


日曜日の午後から、また天王寺の陸橋の上でストリートLIVEをやってきました。たのしかった!です。クリスマスも近づいてきている日曜日で、たくさんの人出でにぎわっていました。フォーク・ソング的な音楽が多い陸橋の上のストリートmusicの中で、私たちの音はちょっと、いやかなり?異質でしたが、若い学生さんのグループが前に立ちどまって聴いてくれてるうちに、chi-B&masta.Gの音に合わせて踊りだしたりして、それはうれし楽しいハプニングでした。ありがとね!イイ感じやったねえ。

フライヤーを持って帰ってくれた方もたくさんいて、ふり返り、振り返り、笑顔で歩いて遠ざかって行くお姉さん、ちょっと離れた場所からしみじみ目をつぶって聴いてくれている人もいて、やりがいもうんとありましたです。興味を持ってくれた皆さん、どうもありがとうございました。(ここをご覧になってるかはわかりませんが、もし居られたら、あなたのハートにLOVE LIGHTを贈ります揺れるハート)ぜひ1月19日のLIVEに来て下さい。新しいアルバムも発売します。

道行く皆さんに聞いてもらえることはもちろんのこと、遠く、高く、空に向かって大きな声を出せることにも感謝してます。かなたから見てくれてるかも知れない父や兄や友達の笑顔が雲の合間に見えるような瞬間が何度もありました。天気の良い週末あたり、またストリートをやる予定ですので、よろしくです!だんだん寒くなるけど、どうぞ皆さんお元気で。

…♀…
posted by chi-B at 03:40| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

来年一発目はアルバム発売記念LIVE!


uni7.jpg


chi-Bのブログへようこそ!いつも覗いて下さっている皆さん、LOVE!!! お元気ですか。今日のポストはB&Gニュースです。

2011年1月19日(水)湊町にあるFlamingo The Arushaにて、chi-B&masta.G ニュー・アルバム"Dreaming"発売記念LIVEをやります。当日、会場にてCDも販売します。ぜひ来て下さい。よろしくです♪ ポスターにもあるように、BAGUS RECORDSにてLIVEチケットもCDも予約受付中です。FAXで受け付けていますので、072-954-3258までどうぞ!

私たちのステージは午後7時半から8時までの予定です。他のバンドも出ますので、今回はいつもとチョッと違って(笑)時間厳守の日です。どうぞ宜しくお願いします。当日直接LIVEに来られる皆さんは、忘れずに受付カウンターで『chi-B&masta.Gを見に来た』と言って下さい。(お店の方で来客のカウントをしているらしいので、とても大切なのです。)

お会い出来るのを楽しみにしています。たくさんお誘い合わせのうえ、ぜひLIVE会場へCOME!!PEACE to B&G fam<3

poster3small.jpg

chi-B&masta.Gの演奏時間は午後7時半から8時までです。お間違いなく。

後 援:古市 松永ピアノ教室、ギャラリーはこ益

…♀…
posted by chi-B at 01:53| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

天王寺の陸橋で演奏しました


Street3.jpg


ありがたいことに、そんなに寒くない12月ですねえ。ずっとこんなだといいのに…って言ってもムリだろな。土曜日の午後、ストリートLIVEをやってきました。masta.Gと二人で天王寺の陸橋の上でやりました。二人で出掛けるストリートLIVEではドラムセットは到底無理なので(運ばれへんし)、masta.Gはコンガでやってくれました。

天王寺の陸橋は…あれは私の長〜い人生のいろんな瞬間に必ず登場する思い入れのある場所です。小さいころには両親に手をひかれて通ってた場所。そこでマイクを握って歌い・動いている私を興味深そうに振り返り振り返り見ていく小さい女の子たちと、自分の子供時代がオーバーラップします。私の子供時代には目深に笠をかぶって小銭をもらっている虚無僧しかいなかったけどネ。(虚無僧が現代の若い君達に通じるのだろうか??笑)現代の虚無僧はビートを奏でながら歌って踊るのであります!小銭も欲しいし、CDも買って欲しいわ♪よろしく頼みますよ〜。

かなり晴天だったので、空の色の変化が綺麗でした。夕焼けの前後、ネオンサインも木々もビルも、何もかもが濃い色に変わる頃、私たちも絶好調に達します。持って行ったバックトラックは、次に何が出てくるのか、もうシャッフル状態で、もちろんモニターもない出たとこ勝負みたいな感じですが、この日のヒットはWalkin'&Workin'だったかな。なんだかとっても街の雰囲気になじんで流れていたように思います。

振り向けば宵闇迫る”ザ・通天閣”がライト・アップされて浮かんでる。あのライト・アップにはいろんなバージョンがあるって大阪以外の皆さんは知ってる?シーズン色を醸し出す工夫がなされてるのであります。小学校から習ってた習字の教室が西成区にあって、中学1年生の時に今の街へ引っ越してから、高校、大学とずっと電車で通ってました。おばあちゃんの家に寄って、習字に行って、帰りがもう暗くなってくるとき、早く帰らなきゃ怖い〜って必死になってあの陸橋を小走りに走って駅に向かったことも思い出します。泣いて笑って時にはふくれっ面もして通ったあの場所で、今はこうして歌っております。

立ち止まって新しいアルバムのフライヤーを取って行って下さった皆さん、どうもありがとう。ぜひ1月19日(水)のフラミンゴ・ジ・アルーシャでのLIVEに来て下さいな。そして当日発売開始のニュー・アルバム『Dreaming(ドリーミング)』を買って行って下さい。今がんばってジャケットのデザインの仕上げをやっております!すべてはあなたに聞いて頂くために〜です。ヨロシクお願いします。声をかけて下さった方もありがとう。また逢えますように。

…♀…
posted by chi-B at 02:15| 大阪 ☀| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

喜びと切なさとが織りなすLIFE


uni3.jpg


11月30日に、母と二人して父の一周忌をひっそりとすませました。この一年間は頭の中が回り舞台みたいにくるくると回ってたような感じでしたが、もう残すところあと1カ月のみ!時間と言うものはなんとも不可思議です。スローモーションみたいなパーツ、パーツが、それでもびゅんびゅんと飛び去っていくようですよね。とりあえず”喪が明けた”と自分に言い聞かせて、久しぶりに大阪の街へ出ました。目指すは写真家(そして光栄なことに私の伯父さんでもある)糸川燿史さんの作品の上映会。

大阪の文化(人)を語る時、この写真家/ビジュアル・アーティストの存在を決して忘れてはならない。私はそう思います。嘉門達夫(かもん たつお)さんも駆けつけて来られてました。そして大阪のミュージシャンから演芸家、その他文化人のみなさんが大勢。山のようにある作品集から、数種類のスライド・ショウ(これには必ず古いJAZZやOSAKAのミュージシャンの音楽がともに流れます)と、最新バージョンの”レモンセッケン4”を見てきました。”大阪ディープサウス”というスライド・ショウに心を奪われたのは、モノクロで写し撮られた昭和時代の大阪の街風景の数々の持つエナジーのせい。そこに写っているのは、自分が生きて見てきた瞬間とピッタリ重なる記録とゆっくりな時間。家の前の道で、大人たちに見守られながら集まって遊ぶ子供たちのそばで、ただぼーっとなじんでいる放し飼いの雑種の犬達。土の道。ジャンジャン横丁の将棋サロンで真剣に将棋を打つおじさん達。店屋でご飯を食べている男性のひとりが「アッ!私のお父さんじゃなかったのかな?!」と見えたけど、画面はどんどんと進んでいくのでした。

”ポートレイト”というスライド・ショウでは、糸川さんがこれまで撮って来たスター達が次から次へと流れていきました。クレイジーキャッツ、坂本龍一、赤塚不二夫、沢田研二、山口百恵、キャンディーズ、ピンクレディー、横山やすし、坂田明、エトセトラ〜。覚えてられないくらいの著名人の数々。シャガールの奥様の写真もありました。吉本新喜劇の雑誌”マンスリー吉本”のために撮っておられた写真は、テレビでおなじみの漫才師、落語家のみなさんが大阪の街に飛び出して、普段の宣伝用の写真とはちょっと違う一面を見せていて、どれも面白くて、もっと見たい!と思わせられます。何十年も前に帝塚山のお家で、糸川さん自身がテレビ取材を受けておられるときのビデオもあって、その古き良き木造日本家屋のキッパリとした美しさにも感動を覚えました。

楽しいばかりの時間になるかとワクワクして出かけた私の耳に届いたのは、寝耳に水のような、阿部登さん逝去の訃報。まさか!と思い、初め聞いた時には何を言われてるのかも分からなかった始末です。大阪の音楽シーンを支えて来た素晴らしく心の大きなファンキー・プロデューサー阿部さんの死はあまりにも早くて、どうしても実感がわきませんが、どう自分が感じようと、それは本当なのでした。悔やみの言葉よりも、今は心よりお礼を言いたいです。どうぞ安らかに大阪ミュージック・シーンを見守り続けて下さるようにとお祈りしています。いつも優しい言葉をかけて下さったことが励みになっておりました。声をかけて頭を下げた私に向かって、手を両足の脇にピッと伸ばして同じように頭を下げて挨拶して下さる姿が目に焼き付いています。CDを作るたびにお送りしていたら、春一番のコンサートのステージ上から私たちを見とどけて、「いつもCDありがとう!」とマイクで声をかけて下さったときはホントに恐縮しました。決して偉そぅばらない心の柔らかそうな素敵な人でした。(そして歌ってる時は何ともいえずかっこよかった!)masta.G宅に送って下さる封書のLIVEの案内の文字も忘れられない。時間が許せばもっと話してみたかった!残念でなりません。

哀しみをちょっと含んだ、幸せ。大人になると、それを味わうことがうんと増えます。無邪気にただただ笑ってたモノクロームの頃は、今は写真に残るのみなのでしょうね。そしてLIFE GOES ON。その時がやってくるまで、何があっても人生は続いていきます。心して生きていかなくては、と思いも新たです。帰りのJRで、糸川さんの「レモンセッケン」シリーズと、そしてハリウッド映画「ブラック・レイン」にも出演されていた田口哲さんと御一緒して、演劇や音楽についてうんと話しこんでいたらあっと言う間の天王寺。ちょっと哀しい思いを含んで見上げた夜空の星が綺麗でした。

…♀…
posted by chi-B at 04:45| 大阪 | Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。