2010年10月31日

ローソン・ジャズ・ウィーク@ピロティー・ホール


Red1.jpg


寒くなったり暖かくなったりで、身体の調子が狂いそうですが大丈夫ですか?私は私生活の方がとんでもなく多忙になってまして、なかなか更新もままならずです。先日Lawson Jazz Weekを見せて頂く機会が訪れました。その時の模様をmasta.Gが文章にしてくれましたので、そちらを掲載します。久々のLIVE観賞(しかも前から4列目なんていう素晴らしい席で、力哉さんのまん前…w)と、先輩ミュージシャン諸氏との語らいで、日ごろの憂さが(!)晴らせたchi-Bです。では、どうぞ御一読をヨロシクお願いします。以下、masta.Gのブログより転載。


★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★


10月26日、久しぶりにコンサートに行く。Lawson JAZZ WEEK、森ノ宮ピロティー・ホールでのライブ。出演は、渡辺香津美、東原力哉、清水興、石田長生、野呂一生、山本恭司、吉田美奈子。前日に、音楽ジャーナリスト池上氏より、渡辺さんとのツイッターでの連絡をいただき、楽屋入りOKをもらっていた。阿倍野で秋の味覚”京焼き栗”を買ってホールへ。会場の外では、ドリンク・コーナーもあったのだが寒くて、近くのバーガー屋へ。会場入り口で僕らのライヴでもできたら、お客もコーヒーでも…と思ったのでは?なんて思いながら、再びホールへ。

清水興氏にV.I.P.として入場を頼んでいたので、指定席に行ってみると、えらい前のバッチリの席。あれよあれよと言う間に、全員での土石流のような音の波。圧倒される。終わってから、清水氏に『同じミュージシャンや!』と言うてもらって楽屋へ。そこで乾杯。石ッシャンは、「チンチン!」と言って、いつものように元気大阪人。昔、25年くらい前、清水興氏と僕とでプロデュースした『We Are Soulmen』というイベントにも、清水氏、渡辺氏、東原氏、石田氏、にも出演してもらっていたので、懐かしい感じ。chi-Bから渡辺さんに”栗”を渡して、私たちの新曲のCD-Rを渡す。僕らの1st.アルバムOSAKAのCDは『池上さんからもらって聞きました。』と言って下さってうれしかった。

帰り際に力哉さんに、『辻川さんはいっつもあやしいな〜〜〜』と言われながら、ピロティー・ホールを後にした。


…♀&♂…
posted by chi-B at 01:18| 大阪 ☁| Comment(2) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

Tril... True+Real.


sunandmoon.jpg


Wish I had a band like this.





元はコンピューターで作った音楽だって、生身のミュージシャン達によるLIVEでより一層Groovyに再現できるんだと、アメリカで充分に体験してきた。One Grooveに乗ったこの綺麗な身体の動きと一体感と高揚感をもって洋楽ルーツの音楽を演奏しているバンドを、まだこの国では一度も見たことが無いのはなぜだろうか。(そうだ、つま先や指先まで神経を集中して真剣に踊っている阿波踊りなんかの伝統の踊り手さん達はそうなのかも知れない。いい加減に手足を動かしているいわゆるタコ踊りでない人たちの。)ミュージシャンだけでなくて、照明も、PAも、デザイナーも、もっともっとイイものを送り出せるようにがんばらなくっちゃねえ。ステージ上、バミる(=場見る)ガムテープなんてどこにも貼ってないし、埃だらけのシールドがズルズル貼りめぐらされてるなんてこともないことも、よく見て学んで行かなくちゃ、と思う。そして、”真似”はアカン。そこが絶対にユズレナイのがARTの鉄則。(自分へ。そしてすべてのクリエイターに。)上の写真は、昨晩のyahooのニュースより拝借。月と太陽とがあんまり綺麗だったから。この素晴らしい写真を撮ったクルーにBig Up!


…♀…
posted by chi-B at 14:04| 大阪 ☁| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

しばしの間、瞑想中。


lavalamp.gif

ただいま音楽とリアル・ライフに集中しております。

Please check back later. Thank u.





chi-B&masta.G's Myspace


…♀…
posted by chi-B at 15:32| 大阪 ☁| Comment(0) | ひとことこうしん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

メモリー・レイン:エアロスミス気分


tt7.jpg


大昔に高校卒業してブラック・ミュージックに出会って以来、めったにロックなんて聞かない私も、エアロスミスは他の白人ロック・バンドとはちょっと違う、と思ってる。私の脳味噌のある特定の部分をすっごーく刺激してくれる。どんなヒット曲があるのかさえも、そう詳しくはないけど、エレキでもアンプラグドでも、演奏が始まると見とれてしまう。そして、必ず思い出すのが、高校三年の時に生まれて初めて(そして人生で最初で最後になったけど)、親や先生に嘘をついて学校をさぼったあの日のこと。

来日公演で大阪にやって来てたエアロスミスのコンサートのチケット(一階のA列!最前列!!)を手に入れて、そのLIVEの当日。一緒に行く予定だった父の会社の社長の娘さん(彼女は別の女子高で、私よりも2歳ほど年下だった)が、エアロスミスの泊まってるホテルにLIVEの前に会いに行こうと、私を誘惑してきたから。互いの学校に朝から電話をかけて、母親っぽい声色を使って「今日は熱が高いので休ませます。」なんて。女子高の受付のオバさん・オジさんはすぐにだまされて、私たちは鎖が外れた仔犬みたいに街へ飛び出した。猥雑な天王寺にあったひなびた喫茶店のトイレで、制カバンの中に隠し持っていた派手派手なロック・コンサート用の服に着替えて。お目当ての高級ホテルに入ってみれば、そこには私たちよりもうんと大人のグルーピー達が、ノーブラのスレンダーな身体に張りつくような黒皮のジャンプ・スーツで煙草をくゆらせて待ち構えていた。自分の子供っぽさに泣きたいような気持になった。今思えば20代の若い女の子たちだったんだろうそのグルーピー達が、とても魅力的に私には見えた。話しているうちにそのグルーピー姉さんの一人に私は何故だか気に入られて…。

………時は流れて'90年代のロサンジェルスで、このエアロスミスのドラマティックな曲のvideoが毎日毎晩テレビで流れるのを見たとき、この女の子たちがまるで昔の自分らのように思えたなあ。ビデオの中でアマチュアのポール・ダンシングで賞金$500をゲットしているブルネットのベッピンさんは、エアロスミスのボーカリストSteven Tylerの実のお嬢さんであるLiv Tyler。この曲とvideoはいいわ。遠い記憶のかなたに、確かにあった青春の限りないアホさと正体不明のsexyなウズキが見え隠れするから。CRAZY… まさしく、その通り。



…私たちの幼い逃避行の結末は…。午前中に学校からの連絡が社長さん宅に入り、焦ってLIVE会場やバンドが滞在していたホテルまで探しに来た彼女のお兄さんにすぐに見つかって、肝心のコンサートも見れないまま連れ戻されて、それぞれの家に帰らされた。母からは思いっきりお説教をされて、父に宛てた反省の手紙も書かされた。(思い出した!そんな時にさえ父は叱りはしなかったんだった。ただ一言”無理やり学校に行ってるんやったら、辞めてくれてええねんで。”と言っただけ。)怒られて守られるのは当たり前と思いながら、その時は残念でならなかったな。今考えてみれば、それはとってもお馬鹿で、しかも危険なことだったんだけど、もうすっかり時効だ。音楽が、私にとって甘く危険な香りだったころのお話し。そしてこのコンサートのチケットは、半券をもぎられることなく今も私のアルバムで思い出となって貼られている。

…♀…
posted by chi-B at 02:57| 大阪 ☔| Comment(2) | Memory Lane(思い出の小径) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

お誕生日に。ちょっと切ない歌だけどネ。


flowers.jpg
 

今日10月9日は、私の父とジャーナリスト・IKEGAMIさんのお誕生日。お二人とも、おめでとうございます。他にも今日がお誕生日のみなさん、おめでとうございます。イイ季節に生まれた個性豊かなウィットに富んだ方々だろうな…と想像しつつ書いています。まずは、出来たてほやほやの新しい歌をどうぞ聴いて下さい。

タイトル:Silent Prayer(サイレント・プレヤー)

アーティスト:chi-B&masta.G


lyrics & melody: chi-B
backtrack & instruments: kazh (wawon records)
final-mixing: masta.G

all vocals: chi-B


ほんとは、残念ながら父の方は去年の11月末に死んでしまったんだけど、一緒にお祝いをしてあげたいのです。だって大好きやねん。去年の今頃は、もしかしたら治るかも!と本気で思ってたから、「お誕生日おめでとう!今日で83歳になったんやで!!」と、私は満面の笑みで病室に入ったんだったっけな。お祝い事の大好きな父は、それまでは必ず大きな声で「ありがとう!」と答えてくれていたのに、その時、はじめて無言で、悲しげな顔しかしなかったのが、すごく寂しかったのを思い出します。しばらく思い出に浸ったら、またFUNKYにやっていきます。Thank U!


…♀…
posted by chi-B at 04:16| 大阪 ☔| Comment(2) | 試聴できます♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

新曲完成。Please enjoy!


Haze5.jpg


chi-B&masta.Gがあなたに贈るNew Song。

タイトル:Dreamin' On The Beach
(ドリーミング・オン・ザ・ビーチ)

アーティスト:chi-B&masta.G





lyrics: chi-B,  melody: chi-B, masta.G, 
backtrack: KG-K(Two-10 Studio)
final-soundmixing: masta.G

all vocals: chi-B


何か浮かべば、フィード・バックもよろしく。

クラブDJさん、ぜひ次回はこの曲をspinして下さい。

連絡待ってます。^^


…♀…
posted by chi-B at 01:03| 大阪 ☁| Comment(4) | 試聴できます♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

もしもの話し、


Pharao2.jpg

Moshimo わたしのハートを掴み獲りたいなら、

わたしの愛するこのナンバーに合わせて、

あたかも獲物にしなやかに迫るかのように

ソウル込めて踊れるようになってよね。


瞳と瞳がロックして踊るダンスを、

なんだか長い間してもらってないからな〜〜〜。

そういうのも込みの音楽の楽しみ方が

この国にも広まったらなー!!!


2分40秒あたりからのラガマフィン、最高。

ホントこの人ほど私を狂わせられる人はそうそういないネぇ。

好きすぎるわ。

曲の最後には、

落としたかった女の子が必ず腕の中でうっとりと…。


Shyな日本の男性陣へ。

リードして欲しい女の子もいっぱいいますよ〜ん。

女の子代表より。





Pharao1.jpg



…♀…
posted by chi-B at 00:39| 大阪 ☁| Comment(1) | ひとことこうしん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

New Song 予告編


Irie2.jpg


ちょうど季節の変わり目の日々、こんな音楽を作っています。ほんの触りですが、予告編として、ビデオを作ってみました。前回のサンホールのLIVEに来られた方は、このメロディーに聞き覚えがあるかも知れません。そうです、あのフリー・ジャムの時にジャズ・ミュージシャンと一緒に即興で演奏していた一曲です。今はこんな風に生まれ変わりました。これからまた詩を書きなおし・書き足し・すべてのボーカルを再録音・再ミックスダウンしますが、生まれたばかりの赤ん坊のような状態を…。そして完成をどうぞお楽しみに。




Thank you for your love & support.

…♀…
posted by chi-B at 02:45| 大阪 ☀| Comment(2) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

秋の御挨拶。


Irie1.jpg


October is here! 早いものでもう10月がスタート。10月は秋への入口。ロマンあふれる美しい季節です。風邪をひかないように気をつけながら、うんと人生をエンジョイしたいなと思います。音楽づくりを楽しむ毎日が続いていることに感謝してます。応援下さっているfriends、どうもありがとう。wherever you are, whatever you do, 今日もお元気で!


Autumn Fairy #1 Pictures, Images and Photos


…♀…
posted by chi-B at 01:46| 大阪 ☔| Comment(4) | 超独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。