2009年06月29日

Osakan Funkinessな土曜日でした


BlueBlack2.jpg


土曜日に大阪市中央区で催された、とある初夏の集いのプライベートなパーティーで演奏する機会をいただいて行って来ました。これが梅雨の晴れ間というヤツなのか、強烈な夏日の大阪の空の下、いろんな出会いがありました。この日、集まってらしたのは中高年の皆さんで、大阪でバリバリ、商売や他さまざまな仕事をなさっているらしい方々。会場には、ざっと見渡して200人以上はいらっしゃったと思います。始まりは大阪市長などもチョコッとご登場で、少し固め、ちょっとクスグリの笑いもあり〜(ここが大阪やねんネ、笑いがコミュニケーションの基本形になってるんですゎ。)のスピーチなどが次々とありましたが、少しの休憩をはさんでお客様には豪華なお弁当やお酒が振舞われ、場はグッと雑談ムード。そこからはよっしゃ来た!”演芸コーナー”の始まり始まり〜♪ドドン!!

会が始まる二時間前から会場入りしていた私達。誰も分かる人の居ないPAの機械をチェック・チェック。まずは音の準備万端整えて、まだ何やら用事をしているmasta.Gと離れて控え室に行ってみる。すると、そこに一人の男性。座敷の部屋とはいえ、なんでか床の間に向かってがっちりの正座。しかも、ブツブツと紙を見ながら真剣につぶやいておられる。(なんやろう。スピーチの最終チェックか?お経となえてはるんか?まさか…ねぇ。)と思いながら、邪魔にならないように、私は静か〜に、いつも通りぼけ〜っとしておりました。後になって自己紹介し合った時に分かった。実はこの方、落語家さん。お名前は笑福亭扇平(しょうふくてい せんべい)さんとおっしゃる方。丁寧で、でもちょくちょくわき腹直撃の言葉を放つ間がオモロイ。さすが本業です。これから世に出てきはることでしょう。あの真剣な「ネタくり」の姿はスバラシイ、とmasta.Gとも話していました。また一緒に何かイベントやりましょうよ!と連絡先の交換もして、お互いにこれから先のステージに向けての集中タイム。他にも南京玉簾の人も居た!(「あ、さて。あ、さて〜。ってやらはるんですね?」なんてお話もして。)踊りのおっ師匠さんもいらっしゃる。色とりどりです。

扇平さんの軽快な落語が無事に終了したら、私達の出番。お客さんは、酔いも手伝って次はなんや?と待ち構えておられる。ステージ脇から改めて会場をじっくり見てみれば、私の父親より少し年下くらいの人生の大先輩や還暦は過ぎたであろう貫禄ある方々、そしてこんな時代でもどうにかして上昇気流に乗っていこか!というエネルギーをふんだんに出している若い人たちもおられる。こういう感じ、ちょっと今までにはなかったなぁ。ライブハウスとはかけ離れた雰囲気。でも、そんなオーディエンスの皆さんに聞いていただける事もまたchi-B&masta.Gの望むところ!普段、ライブハウスなんて行こうとも思わないであろう皆さんに聞いていただけるオポチュニティーがついに到来!であります。まずはしっとりと『黄昏incomplete偲び草』から始まり、続いてこの場にピッタリ!な『Osaka』。今思い出そうとしても記憶が飛んでるほど動きまわり、歌いたおし、そして喋くりまくりましたヨ。一番楽しんだのは、もしかしたら私かも。終盤にさしかかり、気がつけば皆さんが手拍子、遠く後ろの座席の方も手を振ってくれてる。そして、酔いも手伝ったかもしれませんが、今まで聞いた事もないくらいの大っきな声で「おおさか〜!」と歌ってくれはって。二曲だけの予定が、自然とアンコールへと突入。いやいや、楽しかったです。顔の筋肉がゆるみっぱなし。たくさんのお父ちゃんと遊んでもらってるような感じさえしました。(こんな失礼な事言ったら怒られるで。ごめんなさい。)

ほんとに楽しい時間を過ごして、興味深い体験をさせて頂きました。皆さんありがとうございました。インターネットなどご覧にならないカモシレナイ年齢層の方々が多かったので、ここでお礼を言っても伝わりにくいかと思いますが、何人かの方は見てくださってるやもしれませんよネぇ。ええ時間、ええお客さん、ええ体験。音楽がもたらしてくれた優しい面白いひと時でした。またいつでも呼んで下さいね〜。そして、帰りのタクシーのおじいちゃんが、これまたmasta.Gも驚かされるほど面白い人で!…けども長くなったので、次回に持ち越しなり〜♪ドドドン!!!(今日はお囃子太鼓入りであります。)今週もよろしく。暑いので、身体には十分お気をつけて。See You!




…♀…
posted by chi-B at 02:56| 大阪 ☀| Comment(2) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

Life is a trip!ってホントだゎ


Me1.jpg


そろそろ日焼けで顔がパリパリしてきた感のあるchi-Bです。そして、今もパソコンでCDを焼くときには、ウチワでパタパタしています。手ぇがダルい。しんどい、っちゅうねん!七輪でサンマを焼く昭和の人みたいです。(笑)その努力の賜物なのかどうなのか、パソコン君は調子よくやってくれていますが…。週末に、急に音楽のお仕事を頂いたので演奏してきます。明日はその準備もあって更新できそうにないので、ちょっとだけご挨拶しておこうかな、と思って書いています。いつも見に来てくれている人に感謝!たくさんのアクセスがあるので、それが私の背中を押してくれてるってこともあるのです。覗き見でもいい!たくましく育ててくれる!!”わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい。”…こんな丸大ハムのCMを知ってる人は…沢山いてるよね?なつかしいですね。今、急に記憶の天袋から飛び出てきました。”わんぱく”っていう音の響きが今となっては笑いを誘うけど。One Pack。lol

内容があるようで無いのが私のブログ。ここのところ、ゆっくり記事的なものを書く時間がさっぱりないのです。my支離滅裂styleを続行中です。80年代、初めてアメリカ(このときはHawaii)に留学した頃に、論文の書き方のクラスでキツク教えられたことがあります。文章というのは、本来「Introduction(イントロ)とBody(本文)とConclusion(結論)」で成り立ってなくてはならない。というものでした。これができてないと立派な文章といえない、採点も断るぞ!と習ったもんです。それに当てはめると、私のなんて滅茶苦茶ですよねぇ?でもね、いいねん。これはこれで。いつでも下書きも無く打ちまくり、次の朝に読んであわてて書き直したりもしているけど、リアルな分、ぎりぎりOKだと思ってます。プロでなくてよかったわ〜♪

Life is a trip.という文章、日本語ではたいてい遠い目をして腰に手でもあてながら「人生は旅だ…。」とでも訳しているのでしょうが、私の意図するところはそんな悠長なニュアンスではありません。tripは旅行という意味のほかに、うんと大きな割合で「おろおろしてる」とか、「けつまずく」とか、「幻覚症状をおこしてる」とかいう意味に使われることがネイティヴの皆さんの会話では多いです。(英語に詳しい人、”そんなん知ってるわ〜!”と云いたいでしょうが、ここは堪えてくだしゃんせ。)よく友達のsisterと、”Men are trip!” (男って…ねぇ?)と云っては笑ったり、あせってアタフタしている人を見ると、”Why are you trippin'?”とか聞いたりしたあの意味合いです。

人生って、そうですよねぇ?すっかり落ち着いた時点で振り返って大〜きく見れば「旅」でもあるだろうけども、その中身の毎日は、「けつまずき、オロオロし、はたまた幻覚症状の嵐!!!」私にとってはそうであります。そんなこんなで、明日何が起こるのかまったく予期できない私達。せめて夜くらいは、ゆっくり笑顔になっておやすみなさいぴかぴか(新しい) といきたいもんです。今日はそろそろこれくらいにして、また会いましょう。良い明日になりますように。たとえチョッとツライ明日になったとしても、旅にドラマはつきものです。また立ち上がって、膝をパンパン♪とたたいて、出直せばいいんです。そんな貴方は、私の仲間です。PEACE!and I'M OUT.

追伸:シャカ・カーン(チャカ・カーン)は歌ってます。Life is a dance〜♪ それもアリやな。うん。できることなら、タコ踊りにはなりたくないね。シュッといきたいもんです。はい。ムーン・ウォークだったら最悪!進んでると思ったら後退してるなんていうのは。笑


chi-B&masta.Gのマイスペースはこちらです。

Good music満載。言葉の壁はヒラリと超えて、universalに人気上昇中♪
ホンマ、ホンマ。(笑)一度といわず何度でもご訪問を。
:)


…♀…
posted by chi-B at 01:40| 大阪 ☁| Comment(2) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

梅雨時のつれづれ話


m_6975efed0fac4cc5b361d2ba4f7dd3f4.jpg


ここ最近、むちゃくちゃ暑いですね。毎日歩いているので、そろそろ日焼けしてきたような。昨日の昼はタンクトップで外出でした。このノート・パソコンも、急にシャットダウンするのはもしかして熱暴走なのかも?と思って、クーラーいれてやりぃの、ウチワであおぎぃの…過保護のような私ですが、壊れられると困るのです。CD焼くのに扇いでると、まるでサンマでも焼いているようで笑いが出てきます。寒いのよりは暑い夏がうんと好きなんですが、この湿気が強烈すぎますね。今が盛りの梔子(クチナシ)の花のネットリした香りだけが救いかな。湿気があると、目には見えない花の匂いが固まって低い位置に漂うでしょう?あれが好きです。ハワイの花のようなクチナシの香り。あの香水が欲しいなぁと、いつも思います。

帰りの夜道、シャッターも閉まっている街の電気屋さんのテント下にある自動販売機の近くを通ったら、なにやら小さな塊が自販機の足元にあるのが目に入った。正直、はじめは犬の糞がいっぱいあるのか?と思ったくらいの小ささで、次の瞬間は、実験用のマウス?と思い、近づいてみると何と仔猫。しかも5匹も。やっと毛が生えてきたようで、すごく小さい。体長10センチほどのミニ・サイズ。みんなで引っ付いて固まって、声もたてずに寝ているようでした。一匹が塊から少し離れているので寂しそうに見えて、首の後ろをつまんでそーーっと塊に寄せておきました。まさか連れて帰るわけにもいかず、しばし眺めてたら、つまんだ子猫が「ミュ〜」というようなちっさな鳴き声をたてる。すると、お母さんではなさそうな中くらいの猫が現れて、「みゃー」と鳴いて、離れたところから私と同じようにしゃがんで(?)眺めてました。後ろ髪ひかれたけれど何もせずに置いて来た。ごめんなさい、育てられへんねん。その電気屋さんは2匹ほど猫を飼っておられるので、それの子供なのか、誰かが置きに来たのか…。今は雨が降っているので気になります。テントの下だったけど、大丈夫かなぁ。

毎日お見舞いにかよう病院では、たくさんの認知症や寝たきりの病人さんを目にします。病気だけでも大変しんどいだろうに、どこにいるのか、どうなっているのかも理解できずに混乱している人達も大勢おられます。それもまた、仔猫さえも助けられない私などがどうすることもできるはずもなく、切ない思いがあります。みんな可愛らしい赤ちゃんとして生まれて、紆余曲折を乗り越えてがんばって生きてこられたんだろうなぁ、と思うと頭が下がるようなありがたいような気持ちになることもあります。ずいぶんご高齢のある女性の方は、昼夜を問わず「お母さぁ〜ん!!」と大声で呼んでいて、それは、生まれたての仔猫の心細さにも似てるのかもしれないなぁ、と、想像するだけが精一杯の自分です。その声はとても無邪気で、お腹のそこから出している息の長い呼び声で、聞くたびになんだか胸がきゅんとしてしまう。

窓の外は雨。今日が良い一日でありますように。命ある今を生きよう!



…♀…
posted by chi-B at 01:52| 大阪 ☔| Comment(6) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

一日早いFather's Day


HelloKnitCap.jpg


Happy Father's Day!


今日、日曜日が父の日であることをAndyさんのコメントで気づかせていただいたのが一昨日。忘れてた〜!物心ついてからこっち、父の日を忘れたことなんて一度もなかったのに、ここのところのPCの故障や入院騒動や本業の音楽制作もからんでの多忙で、すっかりその事が頭から抜け落ちていたのを、コメントを通して思い出させてもらって大感謝です。こういうのを”天使のささやき”と呼ぶべきだと、私は強く思います!よってAndyさんはAngel Girlであったと勝手に断定!

きのうの土曜日、お見舞い&看病に行ったら、父はしっかり目を開けて、しゃんとした顔になっていて、まずは一安心しました。熱は下がったようでも、まだ今週いっぱいは絶食中で何も食べられないもんだから、ポカリスェットをストローで飲ませると、「うまいわ〜」と喜んで一気飲み。よほど喉が乾いていた様子。喉が渇いてないときに飲むポカリは無味に思えるけど、カラカラのときに飲むと西瓜の汁のような甘みを感じますよね?きっとあの味を感じたんだと思います。飲み干す合間に一言「ビール飲みたいなぁ。」だって。笑 もう何年もビールなんて飲んでないのですけどね。

洗濯をしながら部屋に戻ってじっと観察してると、しきりに顔や顎を触ってる。しばらくしてポツンと…「髭をそらなアカンねんけどなぁ。」ここで私は父が元気になったことを確信しました。よっしゃー!人一倍おしゃれな私のDadが戻ってきた!という感覚です。でも髭剃りはないし、また明日ね、と言ってから近くのコンビニに行ったら、髭剃りが目の前にあるやん!電池式で水洗いオッケーなのが!!そして思い出したAndyさんが書いてくれた「父の日」のコメント。値段を見ると私でも買えそうな2,100円。即、ヒトツ掴んでレジに提出しました。手品みたいに髭剃りを出したからキョトンとしてから、父の日のプレゼント!と云うと喜んで、ジージージーっと剃っていました。男前いっちょ上がり♪いい具合にプレゼントができてよかったです。

子供の頃はかならずハンカチを買ったものでした。単純な頭の中で、営業に回る父が汗を拭くだろうと想像してたのでしょうねぇ。天下茶屋商店街の紳士服店で、お小遣い握って、きれいな色のを一所懸命選んで。必ず二枚。「おばちゃん、カッコよくたたんでな。箱に入れて額みたいなんもハメてな。おとこ色のリボンもしてな。」と注文したのを覚えています。なつかしい。

今日、全国各地のお父さんが幸せな瞬間をもてますように。家族の愛情をいっぱい感じる一日でありますように。娘さん、息子さん、よい思い出がその素直な可愛らしい心に残せますように。ONE LOVE!

追記:昨日の夜、ベッドに入って眠りに落ちようとする現実と夢の境目のような瞬間に、視界の端に男の人の顔みたいなイメージが見えた気がして、「病室にまた二人入ったで。」と関西弁で話しかけられ、夢だったからか、それはちっとも怖くもなく、「ふ〜ん」と返事したような記憶がありました。で、行ってみると、本当に新しい患者さんが二人増えててビックリ。。。あれは一体だれやねん?(爆)不思議なこともあるもんです。ほんとに、ぜーんぜん怖くなかったのもケッタイな感じ。あれもまた”天使のささやき”か?オッチャンの。笑



…♀…
posted by chi-B at 02:46| 大阪 ☔| Comment(7) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

近況報告(FONKY!FONKIE!さっ)


GreenLove2.jpg


お久しぶりです!心配してた?(誰に言うてるんか…)ごめんよ〜。最近どうしたことかずっとパソコンが調子悪くて、つい2日前にはついに完全なるストライキを起こしました。画面がぜんぜん立ち上がらなくなって、えーッ、またお金いるんかょー!!!とゾゾ〜ッとさせられましたが、そこはほら、”清水の舞台から飛び降りれる国の人”ですので(このフレーズ2回目?うんうん、よく読んでくれてるやん!Thanx)、よし!とばかりに自分でOSの搭載からやり直してみました。何の詳しい知識もないために約6時間ぶっとおしの格闘の末、見事!(って言ってもいいやんね?)こうして復活を遂げたのであります。でも、まだなんだかなめてるとしか思えないフザケタ動きを見せることがあります。もうちょっと様子見ながら使ってみようという気持ちです。ダメならまたやり直すわ。

今日は夏のLIVEに向けてのミーティングもあって、ひさびさにG宅にお客さまが来られ、昨今の厳しい音楽業界のお話などを伺ってました。でもね、厳しくても厳しくなくても、私自身のやることはもう決まってるので、少しはおもろないものの、暗い気持ちなどはないのです。状況を悲観的に見回して、暗めの噂を聞きながらオチてるような暇な時間があったなら、練習!修行!録音!LIVE!に費やすべきとしか思えないのであります。あぁ、いつからこんなに前向き思考になれたのか。。。正統派CRAZYの道をまっしぐらな私になってます。ええぞ、エエ感じや、私!(lol)

そうかと思えば今日の夕方、いきなり父が入院したとの母電を受けて。TAXI〜Take me to the paradise〜ならぬhospitalに行って来ました。(何のこっちゃ?と言う人は、chi-B&masta.Gの新作CD『TAXI2009』をゲットしよう!Yo,Yo,Yo!)ご存知のとおり、最近はインフルエンザ騒ぎもあったので、ホームで過ごしている父と会うのは久々で、目的地が病院なのにそっとウレシイ気持ちさえ胸に秘めて行ったのでした。熱が高いらしいと聞いてたので、お凸に手のひらをあてることもできて、それもまたウレシイのであります。かなり熱かったけどね。「しんどい?」と尋ねると、「ううん、しんどいことあらへん。」と応える。でも私がしばらく視界から外れると、傍にいないと思ってか、「看護婦さん、しんどいわ。」と正直に言ってる。あの私への配慮が大好き。心配させたくないと思う父親の愛情だとわかるのです。子供の頃から何も変わらず、いつまでも守ってくれようとするココロがありがたいねぇ〜。

そんなこんなで、ゆっくりと書いてるわけにはいかず、ここまでにします。また明日も用事が山積み。けども、それで生きてる感覚がじっくりと味わえるというもの。苦あり楽ありは世の常、皆さんも何かを乗り越えながら生きておられることでしょう。しんどいことから逃げずにまっすぐ生きてると、音楽に一本通った命が宿るだろうと信じてるので、MUSEに感謝と畏怖を感じつつ、おやすみなさい。皆さんは身体にお気をつけて。梅雨がきますね。良い雨をもたらしてくれるといいなぁ。またお話しましょう。いつも見てくださってありがとう。I C U very soon...BYE!次の曲もまたすぐそこに来ています。お楽しみに。新しいCDどうぞよろしくね。前の記事に載せています。買ってくださると、とっても喜びます。^^




あらら?高速タイピングもできなくなってるぞ!打ってからの反映遅い〜!なんなんや、このパソコンは。君、世知辛い世の中なんだから、自分でしっかりしなさい。

…♀…
posted by chi-B at 03:27| 大阪 ☁| Comment(11) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

新しいCDが通販可能になりました


buddha Pictures, Images and Photos


そろそろ梅雨がやってきそうな日本の空模様。ちょっとうっとおしいけど、ガマン我慢ですネ。けど、感想肌も今はモチモチ。(マジ)心の持ちようによっては、雨もいいもんですよ。さて、先日来ここで紹介している新しい二枚のCDが、大阪は東心斎橋のThe MELODY.で通信販売できる運びとなりました。お待ちいただいていた皆さん、ぜひとも御購入ヨロシクお願い致します。CDが売れない、売れない、とテレビのニュースは毎日のように云っておりますが、そんな情報はもろともせず!chi-B&masta.Gは作っては広め、作っては宣伝し…を続けていきます。(これでいいのだ〜!これしかないのだ〜!!)冗談はさておき。皆さんのサポートが励みであります。ほんとにヨロシクね。THANK U!


FrontTaxi1small.jpg  smileFront1small.jpg


(左)TAXI 2009 7曲入 2,000円 (右)SMILE 4 ME,笑ってごらん シングル 1,000円


The MELODY.のRECOMMENDサイトから購入できます。
chi-B&masta.Gの全作品が購入可能です。




…♀…
posted by chi-B at 02:19| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

やっと見つけた!


May3_2.jpg


ずーっと前に、「忘れえぬピアニスト」というタイトルのポストを書いたことがありました。覚えてくれている人もおられるかも知れません。こんな記事でした。(もう三年近くも前になるのですねぇ。時の経つのがおそろしく早いです。)私はこのピアニストには二回あっただけで、名前もうろ覚えだったのですが、何がどうした事か急にフル・ネームがフラッシュバックしてきて、検索してみたらビックリ。何枚もレコードやCDを出している知る人ぞ知るピアニストでした。その名前は Horace Tapscott。検索で見つけたこのサイトに詳しい情報がに載っていますので、見せて頂いていました。

何も知らないとは、時に素晴らしいことですね。私はJAZZはぜんぜん詳しくは無いです。実際、その演奏を見ていても私には凄いとしか分からなかったのも事実で、紹介するほどのことも書けないのが申し訳ないのですが、あの日のカタリナ・バー&グリルでのLIVEは異次元空間でした。masta.Gからも、「正直いうて何〜もわからんかったやろ?何も覚えて無いやろう?それほどすごかったんや。”わかる”なんちゅうレベルを遥かに超えとんねん。あれは、あんなんは、ちょっと無いで。」といわれてます。偶然にこういう人に出会って、何の予備知識もなくLIVEを体験できた事が幸せというものでしょう。

何の予備知識もなく…これは、私の数少ない経験から言っても、かなり美味しいスパイスなのです。80年代の初め頃、イリノイ州に住んでいた私が、映画館の予告で額に入れて貼られた不気味な指と指の絵を描いたポスターを見て、てっきりオカルト映画だと思い込み、暇つぶしにと見に行き、最後には思わぬ感動に包まれた「E.T.」もそうでした。もしも、この国でやっているように、大々的な押し付けがましいワイド・ショーでの特集や予告編を見ていたら、私はぜったいにあんなに深い驚きを持ってあの映画を見られなかったと思います。というよりも、おそらく見に行かなかっただろうと思います。


私にとっての”忘れえぬピアニスト Horace”は、演奏するときにはこんな顔。


hrce2.jpg


そして、普段はこんな優しい笑顔の人。


htaps.jpg


んんー??この顔は誰かに似てるような…。そうだ!torigenさんにちょっと面影が似てるんだ!喜びそうだなぁ〜。そうか、もう天国で出会ってるかもネ。どーも、どーも、と握手してるような気がしてきたわ。(笑)
Horace Tapscottのプロフィール(英語)はこちらで見れます。




…♀…


posted by chi-B at 03:46| 大阪 ☁| Comment(7) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

よーし!目覚めろ自分!



↑THAT WAS THEN. THIS IS NOW↓

こんばんわっ!先々日の記事から喉の心配をしてくれている皆さん、どうもです。心配おかけしました。耳まで痛かった口内炎(咽頭炎?)のようなものは、イソジンを直接患部にチューっとぶっかける作戦×三回にて、速攻で治してしまいました。(荒療治 by 云わずと知れたmasta.G)。でも夜更かし禁止なので、今日のところはこれにて!もう充分遅いケド。今週もファンキーにいきましょう。やっぱ、それしかないねんて。こんな理不尽な世の中!メソメソせーへんぞ、私は。何回ももうその罠にははまらんねん。かかってこんかい!
Ya heard me? Yeah, I'm a fighter. The warrior of the mind. HA!!

P4.jpg


chi-B&masta.G Myspaceはこちらです。


…♀…
posted by chi-B at 02:36| 大阪 ☁| Comment(5) | 超独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

R.I.P.キャプテンT




Captain T.は、渋めのしゃがれた声が魅力的な、音楽(なかでも特にライブ演奏)が大好きな男性でした。偶然にネットの某サイトで耳にした「黄昏incomplete偲び草」をとても気に入って下さって、それからずっと、何枚ものCDを買って知り合いに送って聞いてもらって下さり、遠く京都からLIVEに足を運んで下さり、ブログで紹介をして下さり、聴いたほうがイイと思う音や、心を休めるのに観たらどうかと思う映画を次々と送って下さり、LIVE後の感想を教えて下さる電話ではいつも「…これは、誉めすぎやなぁ。こんなに誉めるのは今日だけやで。わはは!」と笑いながら激励して下さり、たくさんの音楽ファンの方と繋いで下さった。動物を愛し、人間を許す、テンダー・ハートの持ち主でした。

昨日の朝早く、Captain T.は天国に召されたそうです。ギリギリまで生きるべく全力で病気と闘っていた姿を私は生涯忘れません。それは、いつか話を聞いてもらおうと思っていた亡き兄の姿と重なりました。もう話す必要もないですね。きっと天国で会ってるでしょう。言葉を尽くさずともすべてを分かった素敵な人や可愛がっておられた動物たちがたくさん出向かえてくれているはず。もちろんCaptain T.のお父上も。ここに、Captain T.が好きだった「黄昏incomplete偲び草」をもう一度。あの人達には聞こえていると思いながら。

















「黄昏tasogare偲び草」(「黄昏incomplete偲び草」のオリジナル音源)
日本語作詞:masta.G 英語作詞:chi-B 作曲:chi-B
バックトラック:KG-K final-mixing:masta.G


この歌は切ない。「よく泣かないで歌えるねぇ」と、先日も先輩ミュージシャンに云われたけれど、ほんとうはスタジオの中で何度も何度も泣きました。こんな愛の歌は私には歌えないと泣きました。そして、今は、心を無にして遠くの人へ歌うことをどうにか覚えました。すべて亡くなった方が教えてくださったのです。たくさんの大切なことと共に。

ありがとう、torigenさん。マイ・ハートでのライブが終わって店を出られるときに、私の手をグッと引き寄せて、思い切り抱きしめて「良かったやんかー!chi-Bちゃん!!」といって下さったのを忘れません。息もつまるほどのBIG HUG。あんなに力強いハグは生まれて初めてでした。「chi-Bちゃん達とは一生つきあっていくような気がするなあ。」と言われた言葉。本当になりましたね。ただすごく短かったのが心残りだけれど。I'll be missing you till I see you again. 闘病生活、ほんとにお疲れさまでした。ミュージシャンを愛してくださってありがとう。友情をありがとう。安らかに笑って見ていて下さい。




…♀…
posted by chi-B at 01:03| 大阪 ☀| Comment(10) | 超独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

過労でもあるまいに 笑


JuneGaze1.jpg


前回のLIVE前から、なんとな〜く喉にヘンな感覚があったのを、だましだまし来たけども、だんだん喉がつまるような、ものが飲み込みにくいような感じに変化してきたので、観念してついに今日は喉の奥のほうまで鏡で覗いてみることを決意。(見たくなかったのでしたw)白い丸いもの…これは、口内炎か?耳の奥も痛いし、カラ咳でるし。。。ということで、夜更かしは今日までで終了。しばしブログもおやすみなさい。Unless I get some new information for y'all. THANX♪ あ、ぜんぜん大丈夫なんで、どうぞご心配なく〜。サヨナラ 4 a while. Yeah, yeah, I know you'll miss me. またすぐ帰ってくるからさ♪またいろいろ皆さんと曲を作っているから、そちらをお楽しみに。んじゃ!

chi-B&masta.GのMyspaceはこちらです。


…♀…
posted by chi-B at 02:49| 大阪 ☁| Comment(0) | ひとことこうしん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

面倒だけどやらなくちゃ!


Nobody3.jpg


私の大好きな(知らないご家庭の)犬が夏用に毛をサンパツしてもらって、より一層かわいらしさが増しました。このコロは雑種で、まだ仔犬がちょっと大きめになったくらいの歳で、薄茶の毛がふさふさしてます。名前は犬小屋に書いてあったのと、飼い主の女の子が名前を呼んでるのを聞いたからわかっただけですが、買い物に行く道で、この犬に会うのが私の密かなお楽しみなのであります。場所は内緒♪

こんな可愛い犬がいるのはうらやましい。幸せそうなこのお宅には、お婆ちゃんがいらっしゃって、暑くなってくるとコロのサンパツをされます。ザンギリなワイルドさがまたかわいい。毛を刈られると小さく見えます。ザンギリといっても、ちゃんと体中を丁寧に切ってあって、長いときにはライオンのようなコロは、短くなるとレオのようになります。わかるかなぁ?

ってことで、私も明日は衣替え!年々、小さい梯子に登って箪笥の上の箱軍団を下ろすのが苦痛になりつつありますが、誰もやってはくれないので、やるぞお!みなさんは衣替えお済みでしょうか?今年の夏、いいことがありますように。Knockin' on wood!!




…♀…
posted by chi-B at 03:18| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ファッション・センスの相違か!


JuneHey2.jpg


そろそろ梅雨に突入するよ、と宣言するように紫陽花が咲き始めましたネ。時の過ぎるのが早いこと早いこと。気に入って履けるような雨の日用の靴をなんとか安価で購入したいと思うのに、街には華奢なサンダルやハイヒールばっかりが並んでて困ってます。そういうのは履かないのよ、私はもう。しっかり地面に足をつけられて、かかとは5センチがベスト、靴底のクッションのいい、大阪弁で言うところの”シュッとした”のでないと、ステージでも街中でも軽やかなステップ(笑うでない!)踏めないのであります。それがない。ずっと探してるけど、そんなのがない!あったとしたら何万円もするやんか。高過ぎはもちろん現状的にNG。くやしいねー。

パンツもそう。パンツは内も外も(lol)エエ加減、股上の浅いデザインの流行は廃って欲しいです。お腹冷えるよ、女性の皆さん。やめたほうがいいわ。身体に悪い。それより何より、街を歩いている人々でカッコイイなぁと思うパンツを履いてる人はまず見たことありません。(そりゃそうでしょう。売ってないんだから仕方がない!)みんな無理やり履いてるようで動きづらそう。あれは、繊維業界の陰謀か何かか?と思ったりして。個人的な推測ですけどね。少ない生地で高いパンツを作って売るという作戦か?とにかく、鏡で前面のみお洒落チェックして出て来たんでしょうが、残念ながら後姿が全然なってない。お尻の部分のポケットが下のほうに下がってついてるようで、どうもヘン。お尻は本来、キュッとあがってるのが良し!とされてるんでなかったですか?皆でこぞって忘れたのか?べーっと下がってる。

それと、あのワンピースの下にジーパンを履くセンス。あれは何処から来たのか?と、これはmasta.Gに聞かれて、私は考えた。そしてわかった。埴輪でしょう?何十年か前に社会の教科書で見たあれ。ハニワ・ルックってどこかで読んだ気もするし。ということは日本古来のファッション・センスってことか…。いや、よくよく思い出してみれば、ハニワはスーツっぽいよ。上下が同じ布で出来たセットもので、パンツはゆったりとバギー。アッ!わかったぞ。サブイ日に、学校でセーラー服のスカートの下に、体育のジャージのズボンを履いて暖を取った、あの記憶が甦った。共学の学校は知りませんが、女子高校生はそうしてぬくもってたもの。あれやな〜、あれがあったから、街中でその格好をしてもいいと誤解したんでしょうねぇ。アカンよ、アカン。あれは男子に見せられない図柄です。

どうして最近の日本のものには、「欲しいー!ぜったい欲しいーー!」と思う服や靴が全くといっていいほど無いんかなぁ。色もビビットさに欠ける、くすんだ色や弱い色がほとんどで。派手といえば蛍光色だけ。蛍光色はね、あれはデザイン性がない服に使うとまったく下品です。難しい色なんですよ、ねー。(>わかってる人に♪)欲しいものが無いとお金使わないですむから有り難いといえば有り難いけど、いい加減、持ってる服もボロけてきたから喜んでばかりはいられない。なので、も一つな選択肢からなんとかコーディネイトしていくわけです。アパレル業界がんばれ。もっと考えて、日本の女の子に本当に似合うものを、ぜひ!!でないと、私はボロ・ファッションを追求するしかなくなって来そうです。ま、それもリアルで無理せず私は似合うかも。笑

?今日のなんちゃって格言?
流行ってるものがイイものと思ったら大間違い也。


chi-B&masta.G Myspace はコチラです。


chi-B&masta.Gの音楽をラジオ番組やUSENなどでリクエストどんどんして下さい。CD『OSAKA』に入っている楽曲ならどれでもリクエスト対応していますので、どうぞヨロシクお願いします。自宅で、パチンコ店で、居酒屋で。毎日のあなたの生活のそこここで。Thanks♪

…♀…
posted by chi-B at 03:22| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

うん?


Nobody.jpg



さっきから急に、自分ひとりが何日も続いている夢をみているような気がしてヘンな気持ちになった。夜がこんなに静かだからでしょう。夜更かしのクセはもうそろそろ止めないと。誰も止めてくれる人がここにはいないからかしら?(ふふ)もうベッドに入って、よい夢をみましょう。私の夢はたいていが音楽をやっている夢で、起きても私は音楽をやっていて、こんな風にたまに、なんだか不思議な感覚になるのです。

さて、また明日までサヨウナラ。

世界中の希望に満ちた子供たちへ捧げるために作った子守唄を聴いたら眠ろう。よろしかったら皆さんもどうぞ。(夜にここを御覧になっているわけではない人も居ると知りつつ…Night, night, everyone♪)


Once Upon A Time In L.A.

昔、昔、LAに、人魚のように長い髪の女の子が住んでいました。
 その子はちょうどあなた達一人一人とおんなじように、
 ただナイーヴで可愛らしい人でした…



















lyrics, melody, bass guitar, additional keyboard: chi-B,
who used to be called "QueenB"
backtrack: kazh, final-mixing: masta.G
All Rights Reserved. コピー&転載はご遠慮ください。




…♀…
posted by chi-B at 03:16| 大阪 | Comment(0) | 超独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。