2009年05月30日

新曲です♪Walkin'&Workin'


JuneHey.jpg


『Walkin'&Workin'』
(ウォーキン&ワーキン)

by chi-B&masta.G
(チビ&マスタジー)


















作詞/作曲:chi-B バックトラック/ギター:kazh
ファイナル・ミキシング:masta.G

All Rights Reserved. Copyright(C) chi-B, masta.G, kazh


20年近くカセットテープの中に眠っていたkazhのバックトラックが、いま目覚めました。長く待ってくれていたテープなので、少し雑音が入っています。できればスピーカーで、大きく鳴らして聴いてくださるのがイイかも知れませんが、そこは聴いて下さる皆さんにお任せして…。この20年、いろんな道を歩いてきました。きっと皆さんも同じだと思います。そんな仲間に、PEACE... I'll say this till the end of my time.


そよ吹く 風のように やさしい メロディーが聞こえて。

そしたら 雨のきらめき そこにも メモリィーがかくれてる。

かなたに またたく星から いとしい あの声よ 届いて。

幼い あのころの輝き。 素直なこころの 鍵が開いてく。


chi-B&masta.Gのマイスペースも覗いて行ってネ。


…♀…
posted by chi-B at 01:58| 大阪 ☁| Comment(6) | 試聴できます♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

なぜ?どうして?な毎日


MarchSmile2.jpg



「やるせない」という言葉をやっと実感としてわかる歳ごろに

ついになってしまったような気がする今日この頃です。


力抜くのって案外むずかしいよね。

力入れるほうがうんと簡単やよね。

私がこういうこと書くたびに、

落ち込んでるのかと誤解されるんやけども。


小学生の頃の愛読書が『理科 なぜ?どうして?』だったように、

いつも何かを解明したいと思うサガなんじゃないかと思います。

そして、単に”わかる”のと、実際に”やれる”との間には、

天文学的な数字の距離があることを知るわけであります。


そんなこんなのMy Everyday Life。。。





…♀…


posted by chi-B at 01:17| 大阪 ☁| Comment(4) | 超独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

CROSS CREATIONを体験したい


SunLight2.jpg


ふつう、ライブは時間の制約があります。当たり前なんですが。時間を区切られると、どうも身体に良くないように思えてなりません。もちろんプロの端くれとして、決められた時間内に起承転結の流れを組み込むように鋭意努力?のようなものはします。今日の記事は、そうじゃなかったら?どうよ??というお話です。

短い時間制限。あのプレッシャーがなければ、どんなキモチの変化とカラダへの影響がおきて、音楽にどんな楽しいナチュラル・エフェクトがかかるんやろうかと、たまに思います。「持ち時間がセッティング込みの何分です!」とか「MC入れるかどうかナドナド」や、そんなケツのアナの(アッ!アカン。)小さいことにもはや気を取られることなく、昼過ぎの乾いたきれいなルクスの花の中から、夕日にまみれて、そよ風の夜が来て、みたいに延々と演奏を続けたら。それも、ノリノリとか、耐久ナンチャラとか、みんな一つに!とかそういう無理やりなキモチなどいっさい関係なく、ただただ世界の時間の流れに沿って、粛々とクールyetファンキーに徹して、ここぞとばかりに天空に音を飛ばせるような、そんな瞬間の音楽はどんなでしょうかねぇ。

こんなことを思うのは、きっと自分が時間にキッチリしすぎてるからかもしれん!そうか、自分から変化を醸し出していこう。。。もうちょっとNice&Slowな生き方がしてみたい。キチキチしてるとしんどくて♪これから、Roughな感じでヨロシク!(誰にイウテるんやろう。笑)

masta.Gさんが大阪芸大を卒業する際の研究発表がグランプリを取ったことがあって、それはクロス・クリエイションというタイトルでした。ミュージシャンは大きな風船の中に入って演奏していて、中からライトで照らした影が、風船に大きく動くように写って。ベースやドラムやギターやが朝から晩まで、ず〜っと演奏を続けるのだそうです。途中、抜けたい人は抜けてもよく、また戻ってもよく、別のプレイヤーが入ってきたりして。でもいくつかのコードは決められている(その中の音なら何を弾いてもいいというルールで)のでムチャクチャに絡み合い始めてケオスが訪れそうになっても、決してZERO(無音)にはならずに演奏は変化しながら続く。。。つまり、エントロピーの法則に、音楽は当てはまりませんよ。という理論と実演だそうです。その場所からスピーカーを外に引っ張り出し、学校の建物の辺りに送られて放送されて。お客さんも風船に入って聴くので(椅子もあり)、外から見ている人は、景色の変化も見ていて…。。。上手く説明できたら私も芸大卒業できるかも?笑 そういう、真面目カツ大ふざけみたいなのは、面白いなぁと思う今です。Gさんの亡くなったお父さんは、当時にGさんからこの卒論の説明を受けて、「それは…日本語で表現したら”幽玄(ゆうげん)”やな。」と云われたらしい。担当の教授塩谷せんせいには、「辻川君は、仏教(禅宗だっけかなぁ?)のお坊さんみたいなことを考えるんやナ。」と云われた、と確かに聞いた気がするけど…あいまいな感じ。私の「平和RAPPA」の英語タイトルがCross Creationなのは、ここから来ています。

ちなみに、演奏が単調になっておもしろくなくなってきたとGさんに感じ取られた演奏者は、ストロボ(写真を撮るときにぴかっと光るアレね)を目の前でパカっと焚かれたりしたそうです。目からの刺激が脳に伝達されて、それでまた音が変わる…Gさんらしいやり方やなぁと思いますね。ふつうそんなこと思いつきませんよねぇ。笑



…♀…
posted by chi-B at 02:10| 大阪 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

Mondayは


AbnormalHey.jpg


まずは…昨晩のサンホールでのライブにご来場くださった皆さん、ありがとうございました。思ったよりも客席が埋まっていて、うれしくやらせていただきました。いつも絶対に来てくれるMくん!遠く兵庫県から数時間かけて車で来てくれたSさん!いつもありがとう。chi-B&masta.Gのサイン入り野球帽、やっぱりカッコイイですw。まだ被って来てくれる心がウレシイです。他にも、とあるyoutube画像を通して思わぬ交流のあった初対面のMさん、来てくれてありがとう。不思議な出会いは、これやっぱり”大阪の街角にそおっと仕掛けられた人生マジック”です。先日のLIVEから気に入ってくれて、私の素直な発声法(ソンナモノは意識してないんですけどもネ…気に入ってそう言ってくださるのでした。)をレッスンして欲しいと仰り、私たちのOSAKAをヘッドホンで聴きながらアメ村まで来て下さったMさん(Mで始まる人が多い!)。「Osaka、練習してるけどムズカシわ〜。」という、その笑顔がnice。他たくさんの皆さん、ありがとうございました。また逢いましょう♪

インフルエンザ騒ぎの中、出場バンドもお客さんも、高校生以下は外出禁止と云われている人たちも多くいて、電車や街中は、日曜日にしては人通りが少なく、私は何よりそれが楽しかったんです。大阪の繁華街はチョット人が多くなりすぎたものね。観光地になってしまってからは毎日がお祭り騒ぎで、それって体のどこかでは皆もしんどいよねぇ。がらんとした大阪を感じると、なんだか帰ってきた気がするのでした。インフル騒ぎで街が死んだようにマスコミやらではいいますが、私は逆に思った。しーんとした大阪が生き返った、と思ったよ。騒音やガヤガヤやアスファルトに息を詰まらせることなく歩けたら、土の道だった頃を、身体が思い出す。深呼吸しないとアカン。街も木々も、もちろん人間も。ということで、月曜日はミュージシャンにとっては、リラックスできる休息日であります。はあああぁぁぁ〜。



…♀…


posted by chi-B at 14:17| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

ライブの時間に変更ありです!


Shooting Star gif Pictures, Images and Photos


★ライブの時間変更のお知らせ★


5月24日(日)のサンホールでのLIVEに時間変更があるとの連絡を受けました。開始時間や、出演時間が変わります。来て下さる予定の皆さん、どうぞお間違いのないよう気をつけて下さい。下記が最新のスケジュールです。急な変更でご不便おかけするかと思いますが、インフルエンザの影響で欠席のバンドさんが出たためやむを得ないようです。ちょっと出演時間が遅くなりましたが、せっかくのLIVE、楽しくやろうではありませんか!Yes。では、ヨロシクお願いします。一つ前の記事も参照して下さいね。

17:00 open / 17:30 start。

chi-B&masta.Gの演奏は、21:00〜です。


イベントの詳細やお問い合わせは、サンホールまでお願いします。




…♀…
posted by chi-B at 01:32| 大阪 ☁| Comment(0) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

日曜日はLIVEですよ〜♪


May3_3.jpg


お久しぶりの更新です。ここを見に来てくださっていた皆さん、ありがとう。さて、今まさに噂のインフルエンザが流行っている大阪の、生来、空気の読めない(読ない)♀ミュージシャン一匹より、LIVE敢行のお知らせです。以前にもお伝えしたとおり、今週の日曜日(24日)大阪アメリカ村サンホールでやります。

…詳細 once again…


5月24日(日)午後3時開場/3時半開演

前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500 (1drink¥500別)

出演:

chi-B&masta.G
WOOD BRIDGE、Gummi Sound Dinasaur、マリリン・チェンバース
Ensemble Baranotchki、Silent core、WAN 8 BARK


chi-B&masta.Gのステージは午後7時ごろを予定していますが、予定は未定につき変更もありえますので少しお早めに来場されることをお勧め致します。なお、chi-B&masta.Gのファンの皆さまに前売り取り置きチケットを先着20名様分に限り受付に預けておきますので、「chi-B&masta.Gを見に来た!!」とシャウトして、ぜひご利用下さい。(もちろん前もってサンホールにメール予約することもできますが、メールなんかめんどくさいゎ!とおっしゃる剛毅な方は早めに来て下されば残っているかも知れません。)

風邪予防のマスクして見に来て頂こうかな。マスクして歌おうか?皆は風邪をうつし合わんように各々2メーターくらい離れて座って(サンホールはめちゃくちゃ広いから大丈夫♪)、マスクに穴あけてタバコ吸うて、お酒でアルコール消毒しつつ、これまたマスクに穴あけてストローで飲んだら、よう回る〜〜…以上masta.Gの戯言でした。(笑)そんな冗談はさておき、パーカッションにteerthさんをお迎えしてJamming致します。皆さん、どうぞお誘いあわせの上いらして下さい。
THANX IN ADVANCE!!& PEACE, ALWAYS♪

chi-B&masta.Gのマイスペースはこちらです。

最近マイスペースにて、かの美しきファンキーなコーラスグループのMary Jane Girlsに居たMAXI Bとお友達になりました。そう!「♪In My House」とか、リック・ジェイムスのバックコーラスの「♪メァーリー・ジェーーーエィン」とかで一世を風靡した彼女です。この素敵なお姉さんは直々のコメントを書いてくれる真のベッピンさんでした。なんだか感激してます。「私は単なるフレンドじゃなくて、貴女の音楽のファンよ♪」なんて瞬殺的な殺し文句も彼女ならよく似合う。こちらこそ、どれだけ彼女の音楽で踊って楽しんできたことか。ずっと変わらず私を心躍らせてくれる大好きな音楽の一つです。私たちの曲の中で、「知らんふり知らんぷり」と「B-FUNK RIDE」を気に入ってくださったとのことでした。Life is a wonderland, indeed.


…♀…
posted by chi-B at 01:54| 大阪 | Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

FMちゃおで曲がかかります♪


MarchSmile1.jpg


あさって日曜日(10日)の夕方5時43分頃に八尾のコミュニティーFM”ちゃお”のインディーズ・ナウという番組でchi-B&masta.Gの曲が流れます。電波の届く場所に居られる皆さん、FM79.2を聞いてください。何の曲がかかるかはお楽しみ。^^どうぞよろしく〜♪

なんだか雨ばかりの5月ですが、ザ・湿気の国・ニッポン、これがあるがままのフツウの姿なんだろうな、と思います。高気圧ガール(古い唄にありましたねぇ。)chi-Bは、赤毛のアンのごとく”たぐい稀なる想像力”で心をマウイ島あたりにぶっ飛ばして、そこそこ乗り切っていけそうです。あの海辺に近い、花咲き乱れる静かなプールサイド。ボサノバの演奏のなか、ストローHatを目深にかぶって、水着の腰にちいさな布を巻いて、かかとの高いサンダルを履いて、今なら笑ってしまうほど思いっきり気取ったストロークで背筋を伸ばして歩いて横切った私を見て、即座に「イパネマの娘」を歌って口笛とウインクを投げてきたLoco Boyのボーカル君を思い出して…。これでイケル!この自分の単純な頭がウレシイ。あほなヤツだと笑われてもイイ。くらくらするような太陽の光と濃く落とされた影、目も眩むようなきれいな色、そこに流れていたライブ演奏の想い出は、今も私の心に残る宝物♪

Plumeria Pictures, Images and Photos


24日のサンホールのLIVEに向けての準備と、そして他にも忙しくしています。(ときどき魂が抜けてもいます。わざとです!笑)心優しい善男善女の皆さんは楽しい週末をお過ごしください。BYE♪



…♀…
posted by chi-B at 01:26| 大阪 ☀| Comment(9) | ラジオの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

5月3日カフェ・ポエトLIVE終了


May3_4.jpg


5月3日(日)河内松原cafe PoetでのLIVEが無事に終了しました。LIVEに足を運んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。今回は、お店の方がたくさんのお客さんを呼んで下さって、座席指定のチケットがSold Outし、その上に当日で来て下さった方々もおられて、感謝感激の気持ち!でいっぱいです。

今回はアコースティックな雰囲気でのLIVEでありました。masta.Gさんはパーカッション、京都から駆けつけて下さったギターの平山国次さん(元スターキングデリシャス)もjazzyなリラックス・モードで、そしてKonちゃんのジャンベーが加わり、マスターが画家さんであるというアーティスティックなお店に似合ったspecialな雰囲気がありました。お客さんは、ほとんど全員が初めて聴きに来て下さった方々で、目上の年頃の方が多く、私たちのようなオリジナル・スタイルの音楽は、おそらく想像もできないまま来てくださったと思いますが、うんと楽しんで下さっていたのをこの胸でビンビン感じました。

あまりお話はせず、できる限り音楽を聴いて頂いたのですが、あまりに英語混じりの曲が続くとお疲れかもしれないと思い、「何か質問があればどうぞ。」と私が口にするや否や、間髪入れずにサッと年配の男性が手を挙げられたのはウレシイ驚きでした。「ヒップホップと、シャンソンやクラシック音楽とはどう違うのですか?」という真剣な眼差しの質問に、答え甲斐のある意味深い問いだと内心ワクワクしながらも、誤解のないように慎重に、私なりの考えを短く答えさせていただきました。(ここでは省略しときます。)その答えが終わるのを見計らったように、次の方がサッとまた手を挙げて、Gさんのウィンド・チャイムを指差され、「その楽器は手で鳴らすものですか?」とのご質問。皆さん興味しんしんで積極的に楽しもうとされているのが、私はすごく嬉しく。一瞬でしたが、なんだかミニ音楽セミナーのようなひと時でもありました。恥ずかしがらずにドンドンと参加してくださるのが何だかありがたく、お陰さまでそこからグンとオーディエンスとの心の距離が縮まっていく感覚がありました。毎日を生きることで自然に獲得されてきた歳の功は素晴らしいです。知的好奇心のエナジーとコミュニケーション能力が素晴らしいのです。

それからエンディングまで、加速度がついたように皆さんの温度は高まり続けて、私のリズムに合わせようと、しっかりと私の動きを見つめながら手拍子をしてくださる、目が合えば笑顔を送ってくださる、照れる気持ちを捨て去って身体を揺らして、そして最後には手を上に挙げて「♪Osaka〜」と声を合わせて思いっきり歌ってくださる…感無量でした。ついさっきまでは全く知らない間柄の人間が、今こうして一緒に歌い揺れる、これは音楽の神さまの力でしょう。ありがたや〜です。終わってからも、持って行ったCDをたくさんの方が買って下さり、激励の言葉を山ほど頂き、恐縮しつつ、ただただ「ありがとうございます」の言葉しか浮かんできません。またお会いしましょう。今回はご都合が悪かった皆さんも、また機会があればいらして下さい。皆さんお達者で!!!

次回のLIVEは、5月24日(日)アメリカ村サンホールです。この日はいろんなバンドが出演します。楽しみにしてRehearsalをやり続けております。ではまた近いうちに♪

Anti discriminational, multi dimensional, strictly original,
B-FUNK WORLD is always waiting 4 U.




…♀…
posted by chi-B at 02:34| 大阪 ☁| Comment(0) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。