2006年12月31日

良い新年を!

93ee1bff2c84cdd57c08844fe36350a5.gif


A Happy New Year!!



新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、どうもお世話になりました。

2007年がみなさんにとって素晴らしい一年になりますように。

私たち皆に、良い音楽が授けられますように。


Wishing you much LOVE and HAPPINESS.

Here, I humbly bow to the MUSE.

And, I quietly vow...

I am willing to do my best all the way...


chi-B









posted by chi-B at 22:15| 大阪 ☀| Comment(26) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

スタイル♪

この記事を書いてから後になって知ったのですが、

辻川”masta.G”雅治(現在chi-B&masta.Gのドラマー&プロデューサー)は

Style(スタイル)」という名前のバンドもやっていたらしいです。

メンバー:小川文明(キーボード)・ジミー橋詰(ドラムス)・岡田くん(サックス)
      そして辻川雅治(トランペットと他音響の工夫などさまざま)

後日書き足しました。後書きだけどトップに書いてます。^^ You know me!


eyes2.gif



ここを偶然か必然か発見してしまいました。

http://www.geocities.jp/spanishcastlemagic2005/rockandfolkband.htm

五十音で並んでいるのを、ググッと下へスクロールしていくと、

スターキングデリシャスも発見。。。当然masta.Gも発見。。。

日本の音楽も奥深いですよ。はい。


ここを見ていてビックリしたわ。この服装に髪型の数々…。すごい。

いや、服装・髪型だけの話がしたいのではなくて、

そこにある一種のオーラ的な、まとった雰囲気の魅力があります。

「ミュージシャンなんやな!」と納得させるような威力・ノリというのか。

これに比べると今の日本の若いミュージシャンの姿はまだ弱いんちゃう?

おとなし過ぎるように思われます。服なんてみんな同じようやし。

ね、もっとオモロイわけの分からん格好しようや!自分だけのスタイルを。

この人らのファッションをじーっくり見てみぃな。

(おもろないのもあるけど、そこはお好きに判断して…ね)

周りの空気ごとぶっ飛んでる!好きなものがはっきりしてる!

一見普通に見えて…音楽に信念持ってる感じ。



ナニ人かなんて、もはや分からんようになってる人もいっぱい居ます。

昔の人の勝ち!決定やわ。

個性で勝負してるし、ムチャクチャすることを楽しんでるし。



白人のヘルズ・エンジェルズのような人もあり。

ヒッピーみたいな人もあり。ホームレスみたいなのもあり。

分厚い口ひげあり。髪は腰まで伸びてる人あり。

女の人たちは、普通そうに見えて、かなりみょう〜なお色気あり。

地味な人もそれはそれで、恥じることなくぴっちり8・2の横分け!

まあ、見てみて。じっくりね。何か見えてくると思いますわ。

すんごい懐かしい人達もいますし、聞いたことないような人も。

こんな人たちが、その昔、最先端の音楽を奏でていたのです。

そして、今もきっとどこかでやり続けている人が大勢いることでしょう。


その一人、masta.Gは「スターキングデリシャス」の写真の中で、

向かって左端、黒のタンクトップを来てトランペット持って、

ステージ真っ最中!楽しそうやね!

今はもっと男前に磨きかかったしね!YES!!! 笑


Here's some of my favorite words...私の好きな言葉をご挨拶がわりに。

Style is loving yourself 'til everyone else does 2

(スタイルとは、君以外のすべての人たちが君を愛する日まで君自身を愛し続けること)
      lyrics from a song called "Style" by Prince, my MAN!


smilingB.jpg


posted by chi-B at 00:52| 大阪 ☀| Comment(8) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ありがとう。

love&peace.jpg
photo by chi-B in 1996



masta.Gのブログを更新しました。

「JBをラジオで流したってくれ」
http://mastagtalks.seesaa.net/article/30336628.html


・・・・・


先日のクリスマス・イブが最終で、今年はもうLIVEがないので、

残された4日間で、ゆっくりと一年間の後始末をしようと思います。

2006年もいろいろな出来事のあったなか、

このブログに書き込みをして下さる方が増えて、

いつも励ましていただきました。ありがとう!!!!!!!ネ。

まだチト早いかもしれないけど、一足お先に年末のご挨拶でした。

来年もどうぞよろしくお願いします。

優しい皆さんにとって、幸多い一年になりますように。

9869e73defaf143e2bf7e54707d745db.gif




Wishing y'all a happy new year〜!

winter.jpg


posted by chi-B at 23:27| 大阪 ☔| Comment(10) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

X'masLIVE前に

BandG.jpg



しばらく更新してなくて忘れられてないかチョット心配でした。^^


いよいよLIVEがあさっての夜となります。

明日は更新できるかわかりませんので、行ってきますの御挨拶!

いつも同じことを言いますが、

そこに皆さんが居てくれはる、と思って歌っています。

心のエールそっとヨロシク!

そういうのはきっと届いてくれると、私はアンテナ張っておきます♪


masta.Gのブログに詩が載りました。

音楽をやる人、好きな人、どうぞチョット寄り道して、

読んでみて下さいね。

コチラです揺れるハート http://mastagtalks.seesaa.net/article/30075392.html

それではGOOD-BY!

I will be back with a big smile.

006f3c04d6160831c7d650425c0452e6.gif
Gotta go, gotta go...



smallfile.jpg




posted by chi-B at 22:21| 大阪 ☀| Comment(13) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

さてと!

Bsan1.jpg



きのうはmasta.Gと二人で心斎橋Quattroで行われた韻シストのLIVEを見てきました。始まる前にメンバーに会いにBackstageへお邪魔したら、なんだか見たことある後姿。。。「あ!」Dr.KO aka.Ko Shimizuさんが来られていました。Dr.KO、いつも通りの元気な笑顔です。ひさびさにお話できて楽しかったです。韻シストのメンバーも皆もちろん元気で、Hometown OSAKAでのLIVEに気合満々でした。お客さん満杯のオールスタンディングの会場は熱気が渦巻いてました。シュウちゃん、ありがとうね!ますます頑張って欲しいと思いながら会場を後にしました。


心斎橋はクリスマス前の土曜日とあって、かなりの人出でした。あそこはいつも混雑してる場所ではありますが。そんな中、LIVE前に軽く食事をしようと探したけど、なんちゃらカフェ…みたいなのばっかりが目に付きます。それとか、居酒屋。。。私たちはそういうのは行きません。どうしよう〜っと歩いて、ふと見ると、ひっそりと営業中のおうどん屋さん発見!入ってみると人っ子一人いません。これこそ私好み。外は人ごみ、でも中に入るとシーンとしてるのでホッとします。小さい音でテレビがついてるだけ。

そんな普通の空いたお店で、かやく定食食べました。かやくごはんとテンカス入りおうどん。(覚えてくださってるでしょうか。私は麺好きMis. Noodle Lover)大阪に出るときは、やっぱりおうどんやね。おいしかったです。理由は、ただ一つ、普通だから。有名店でもなく、特に具がすごいこともなく、ただただ普通。これがベストです。大阪の代表的なダシの味。からくなく、あまくなく、そして何よりも!柔らかいコシのない麺。さぬきうどんが流行っていますが、大阪のうどんは柔らかさが魅力。

このお店では、梅干が食べ放題でした。(すばらしい!)いや、厳密に言えば食べ放題かどうかは知らんけど、テーブルに梅干の壷がドンと置いてあったのでした。これがまた、かやくごはんにもうどんにもバッチリ合います。ノロウイルスが猛威を振るう最近の日本で、とりあえずの殺菌効果ある食べ物として梅干は正解でしょ。何個も食べてしまいました。ちょうどいい酸っぱさが胃にも気持ちいい。アルカリパワーで胃酸も中和!梅干食べ放題のお陰で、なんだかプチ満足感が味わえました。腹ペコchi-Bには庶民的な味がええねんネ、結局。

エスニック料理も同じ。日本でもタイ料理やベトナム料理が食べられる時代になって久しいですが、高すぎると思う。ほんとはもっと庶民的な料理で、値段も安くて美味しいものやのに。日本に入ってきたとたんに特別ぶってるから変。どうして日本はなんでも高いんやろう。。。アメリカのチャイナタウンで買ってた中国製の漢方薬錠剤、一瓶、2ドル程度なのが、日本の漢方薬店でまったく同じものが、なんと、なんと、1万円以上します。どういうわけ?初めて知ったときマジで驚きました。誰かめっちゃ儲けてる?人件費ってそんなにかかるものなんやろか。。。かけすぎやん。

あ、物価の話にすり変わってしまってる。
どうも支離滅裂な私の脳みそ。ズレまくる前にもう寝よっと。LIVEまで後一週間となりましたので、しばしブログ更新はお預け!とします。次の記事でお会いしましょう。

♪また書く日まで〜書ける時まで〜♪どうぞお元気で!

smallfile.jpg


X'mas Live来てね♪



posted by chi-B at 02:13| 大阪 ☁| Comment(7) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

韻シストに会いに行こう♪

webpic.jpg

韻シスト LIVE TOUR 2006 " FONKY & LOVE "
日時12月16日 (Sat)
open 19:00 start 20:00
会場心斎橋CLUB QUATTRO
料金adv 2,800-yen /door 3,300-yen
(without 1drink)



昨日の夕方「な〜んかエエ知らせでもないかいな〜」っと
モバイルのメールを見てたら…
あ、韻シストのベーシスト、シュウちゃんからのメール。
明日(もう今日やネ)心斎橋club QuattroでのワンマンLIVEの知らせが。
masta.Gと私を招待してくれる、との嬉しい言葉。

うれしい!ありがとう〜♪

masta.Gのブログにも書いてましたが、
韻シストとビートボクサーAfraは友人同士で、
当時のメンバーとAfraでmasta.Gの今は無きお店BAGUSで、
何度か熱くて楽しいLIVEをやっていました。元気元気!
あの頃(十年近く前になるのかなぁ)
日本の音楽界でも、やっとこさHIPHOPのグループが
キラリンと目立ってきたのだったかな、と感慨にふけっています。
二人とも、私とmasta.Gの練習に何回か来てくれたこともありました。

韻シストは、最近NEWアルバム「FONKY&LOVE」を発売したばかり。
今回のLIVEでは新しい曲が聴けるとあって、
私もmasta.Gもとても楽しみにしています。
行こうと思ってる方々、今夜クアトロで会いましょう!
おやすみ〜。韻シストのみんな、たのしみにしてるよ〜。

韻シスト オフィシャルサイトhttp://www.in-sist.com/

今ならこのサイトのトップページで
新アルバムから一曲、”PEACE”がフリーダウンロードできるよ〜♪
韻シストを知らない人がもし居られたら、
彼らは生演奏&3MC。生演奏はやっぱりイイですよね。

smilingB.jpg

photo by masta.G


Have a nice weekend, everyone!


posted by chi-B at 01:39| 大阪 ☀| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

Gさんブログ更新

BandG2.jpg



雨ばっかりですねえ。。。さきほどmasta.Gのブログを更新しました。

どうぞ読みに行ってみてください。

ちょっと風邪気味な私は、今日はこれまで〜。おやすみなさい。


masta.G最新記事「音楽でバクハツしたる」http://mastagtalks.seesaa.net/


posted by chi-B at 02:05| 大阪 ☔| Comment(4) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

霧〜L.A.〜∞

MonoB.jpg

photo:Yoshi Itokawa



 今夜の帰り道は、めずらしく霧。。。Foggy Nightです。たまにこういうのもいいですネ。ぼや〜っとした視界にムードがあって。霧といえば、思い出すのはLos Angeles。(ふつうはLondonだろうケド。)Santa Monicaから湿った海の空気が入ってくるからか知らないけれど、L.A.は霧が発生することが頻繁にあります。ロサンジェルスといえば、ほとんど雨が降らないイメージがあるけれど、12月あたりは雨が多かったように記憶しています。It never rains in Southern California〜♪って歌もあるけど、あれは歌の中の世界です。寒いわ、湿っぽいわ、空気悪いわ、というL.A.もあるのが実際のところです。霧の中を車で走るのは怖いです。経験のある方も多く居られると思いますが。見えるのはほんの数メートル先だけ、濃い真っ白いドライアイスの煙のような世界を、ヘッドライトの照らし出す部分だけ見ながら走るんですよ。怖いのも当たり前ですよね。何台も追い越されたなぁ。みんなよくあんな速さで走れるモンやな。死ぬの、怖くないのやろうか。お気をつけて。


 ぜんぜん霧と関係ないけど、Sunset Blvd.にいるHookerのお姉さんたち。あれも危ないね〜。みんな見とれて。 私がドラッグのリハビリテーションセンターで働いていた頃、いつも朝6:30ごろにアパートを出て、このSunset大通りから別の道から道へと走ってSanta Monicaへと通っていました。土曜日の早朝、車も人もあまりいないSunsetを走ると、金曜日の夜からずっと引き続いて、お姉さんたちが数人、ドライバー達に向かって熱いポーズ熱い投げキッスを送っています。その格好がもう、服なんて着てないんです。下着だけ。。。朝は寒いと思うわ。。。金髪お姉さんは、まっかっかのブラ&パンティー姿、美しい黒人お姉さんはマッシロなガーターベルト、マッシロ網タイツにハイヒール、他の人は金色、銀色、紫色、。。。それが5〜6人。目がクラクラします。だって異次元空間が朝もやの中に繰り広げられてるねんもん。お姉さんたちは、歩道から見てるのですが、見てるだけじゃない。信号待ちなどしようものなら、カツカツカツとハイヒールを鳴らして寄って来ます。そして窓に寄りかかって誘うのです。そう、このチビ東洋人の私にさえ。(いろんな趣味の客がいるから、すべて声かけるのでしょうネ)Hi,Baby〜揺れるハート なんて。


 またまた霧から遠ざかるけど、こういうHookerの人たちはツライ生活なんだろなぁ、と思い馳せることがあります。Sunset以外でも、そういうお姉さんをよく見ます。ほんと「よく!」見ました。普通に車で走ってて、夜の信号待ちをしてると、一台前の車の窓に近寄る女性が「20jで○○〜」とか言ってるのも見たことあります。極めつけは裏通り。ハリウッド大通りのまだ南の路地。ゴミ箱を置いてるような道で、やっぱり下着姿で、ロングコートだけを身にまとったお姉さんが独りで歩いてて、その数メートル後ろから、黒人の兄さんが杖(仕込み杖かも?)をゆ〜ったりとつきながら、いかつい目つきで歩いてるのに遭遇しました。PIMPと呼ばれる男たちです。女の子が稼いだお金を集金して、逃がさないように見張っています。「これがアメリカなんや。」と胸が痛みました。でも、うまくいえないけど、こういうギリギリの世界があるから、RockやPunkやSoulMusicなんて言うものを感受できる心のひだが大きくなっていくのかも、と思いました。誤解しないでね。決して、不幸を肯定するものではないのです。苦しみはないほうがイイに決まっています。ただ、垣間見たこの世の現実を、霧の夜にふと思い出したのでした。


日本にもそういうシーンはあるのだと思います。子供の頃住んでいた場所は、大阪・飛田のホン近く。天王寺まで歩いていける距離でした。銭湯にいくと、背中に大胆なボタンの刺青をいれた女の人がお湯につかってたりします。その人が入ってると、大人は誰もそこには入らないのですが、私は近くで見たくて、そーーーっと後ろにしゃがんで見ていました。その刺青よりも、その女の人から出てくる何かに釘付けになっていました。 

 
 負のエネルギーは強くて、湿りきった霧は前を見えなくするけど、
 きっと這い上がっていけるから、そんなところから抜け出して下さい。
 何があろうと自分をあきらめないでいたいOne Oriental-♀より。。。


今夜、私の心は、霧から始まって、L.A.へ、∞へと。旅した次第です。
おやすみなさい。Peace piece begins within our heart. (Da Tree)




posted by chi-B at 01:10| 大阪 ☀| Comment(5) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

行って来たよ♪

winter.jpg


9日はアメリカ村サンホール「飛び散る雲子」の第一日目を

観に/聴きに行かせてもらいました。

たくさんの音楽好きのお客さんで大盛況でした。

LIVEは有名なミュージシャンの方々が目白押しでした。

どの方も個性溢れる素晴らしい音楽人です。

出演者はこのフライヤーを参照して下さいネ。(クリックで拡大)

雲子.jpg


私は北京一さんの歌う姿を始めてみることが出来て感激。

噂に聞いていたパントマイムも見ることが出来ました。

歌はもちろん、パフォーマンスがほんとにSoulful!みんな釘付け。


正木五郎さんのドラムも凄い凄い!ガンミしてました。

叩きながらラップもされてましたよ。それがまたカッコエエんです。


金子マリさん、石田長生さん、が

今は亡き砂川正和さんを偲んで歌ってくれた「青っ洟小僧」。

これは沁みました。じーーーーーんです。

この曲のとき、涙を拭いている男の方があちこちに居られました。

砂川さんを想う涙かもしれません、それか、

青っ洟小僧の歌に自分の人生を投影されていたのかもしれません。

なんだかとても心ふるえました。イイ歌やねん、ほんまに。


フライヤーにお名前の出ていない特別・飛び入りゲストとして、

大西ユカリさんの歌も聴けました。

ユカリさんええねぇ!トークもジョークも。

ラッキーにもちょっとだけお話しするチャンスもありました。

前にわざわざ手書きのお葉書を頂いたお礼を直接言えました。

想像以上の優しい優しい女の人です。

十年以上前にmasta.Gのお店BAGUS(現在はありません)に

何度か出演されたと聞いて、masta.Gも私もビックリしました。初耳です。

ジェイ向山さんのBackground Vocalで来られてたそうです。

それにプライベートでも遊びに行ったことがあったと仰っていました。

BAGUSを知って下さってるミュージシャンが多いのは嬉しいことです。


ここに書かなかった方たちも、全ての方々が素晴らしいですよ。

このLIVE、明日もあります。フライヤーにある通りです。

お時間ある方、どうぞ遊びに行ってみてね〜♪


このLIVEが終わったあとで、少し歩いて

The MELODY.(chi-B&masta.GのCDを置いて下さっているお店)に

行ってきました。

ココへ行くと、欲しいCDが何百とあるので目の毒です。。。ほし!

古いのもイッパイあるよ。通販もしてるよ。

メロディーさんは今時貴重なCD屋さんですよ。

好みを言えば、店長さんが一緒に選んでくれるし、

お酒やジュースやハワイのコーヒーが飲めるしね。これまた最高。


そんな感じで、久々に都会へ出て行った私でした。

あ!また3時やん。。。ではおやすみなさい〜。。。

posted by chi-B at 02:55| 大阪 ☁| Comment(13) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

楽しみにしてます

雲子.jpg



「飛び散る雲子 〜byあべ ●宇宙まんまる教 vol.14」

日時:12月9日(土)10日(日)4時スタート・オープン

場所:SUN HALL (06)6213−2954

料金:2日間通しで3,000円
   (一日券はありません。友達にあげてもOKですとの事)




すごいネーミングですね。「飛び散る雲子」って。。。笑

タイトルも出演者も、これぞ大阪!という力みなぎっていますね。

2日連続LIVEです。一日券はありません!が何だか力強い。

私はmasta.Gと一緒に、勉強させてもらってこよう。


さっきこのLIVEのタイトルで検索してみたら、

今は解散してしまったかっこいいバンド、ソー・バッド・レビューや、

亡くなられたSoul singer砂川正和さんや

BAGUSによくLIVEで来られていた、故ホンヨンウンさんの

映像も見れるようなことを書いておられる人が居ました。

ほんま!?それは絶対に見なければなりません。

見るべきであったのに、見たことない人たちの映像。。。

これは絶対にすべて見逃せません!


みなさん、師走ではありますが、お時間つくって行きませんか〜。

私は行きます!今からすごく楽しみです。




posted by chi-B at 02:02| 大阪 ☔| Comment(2) | B&Gニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

昭和の風景・野犬

d.jpg



masta.Gの生まれ育った実家は大阪市西区。

うつぼ公園のすぐ側の、都会の中でもとても綺麗な街です。

今もお兄さん一家とお母さんがお住まいの「辻川ビルディング」

ここがビルディングになる前、工場と家が一体になっていたそうです。

木材を切って、木箱を作る工場です。梱包のお仕事をされていました。


角地に立っていたその工場は、作業中には二面が開け放たれて、

当時は大阪のどこでも居た野犬たちの通り道になっていました。

どこからともなく、野犬の団体さんがぶら〜っと入ってきて、

夏など陰になっていて涼しい工場の片隅で休んでいたとか。


たまに、夜もそのまま工場で寝ていく犬もいたそうで、

食べ物を与えると、数日間は滞在もしていたらしい。w

小さい頃のmasta.Gさんは犬の可愛らしさに惹かれて

そっと、寝ている犬をなでていたのでした。

すると、おばあちゃんがやって来て、

「そんなに触ったったら病気になって死んでしまうで。」と云うので、

触るのを我慢して、そばにしゃがんで見つめてたらしいです。

家に犬が居るのが嬉しくて、学校からも走って帰ってくるmasta.G少年。

ある朝起きたら、もうそこには犬の姿はなくてガッカリしたそうです。


犬を撫でていた時のお風呂上りのポカポカした自分の身体を今も覚えてると

masta.Gは懐かしそうに話してくれます。

犬も小さなmasta.Gもかわいらしい、この話は大好きです。



and...

私自身にも野犬の思い出があります。

それは高校受験の朝でした。

一番乗りしようと思って、始発に乗るために早起きしました。


受験の当日は雪が降ったあとの寒い朝でした。夜明け前です。

5時過ぎのまだ真っ暗な駅への道を一人ぼっちで歩いていたとき、

向こう側からなにやら黒い影がたくさん近づいてきました。

近くまで来てようやくはっきり見えたその姿に私はおののきました。


野犬…大きな犬が6〜7匹…私の方をにらみつけて歩いてきました。

ヒタヒタヒタという足音も不気味。。。思わず立ち止まる私。

その野犬たちは、グルッと私を取り囲んだのでした。

その恐怖といったら、もう心臓がドン!ドン!とうつほどで。

どれも大型で、こわもての雑種。。。黙って周りを囲んだまま動かない。


私は、できるだけ落ち着いて黙って立ってました。

すごい気迫をみなぎらせて動かない犬たち。。。こわすぎ!

数十秒が過ぎて、覚悟を決めた私は云ってみました。。。

「おはよう。あのな、私きょう受験やねん。通してくれるかな?」

犬に必死で話しかけるなど、可笑しいと思われるかも知れませんが、

その瞬間は、向こうのほうが強いのは明らかでしたから。


その言葉がわかったとは思えませんが、何かは通じたのかも。

一匹が鼻をフンっとならすと、全部の犬が私から離れて、

またスタスタスタと先へと進んでいきました。


昭和の時代、野犬、野良犬、といわれた犬たちのお話。


動物は、なんちゅうか、もう、

いろんなENERGYをガンガンに出していますね。

心から直で向かってきます。

それは素晴らしいことだと思うな。私もそう生きたいな。

嘘がないのが最も尊敬するところです。。。

嘘をつくのが知恵なら、そんなもん要らんわ。


フラっとやって来て、またどこかへ去っていく犬と、

嬉しくてそれを遠慮がちになでなでしている小さな子。

その絵は。。。あったかい、かわいらしい、平和の絵やなと思うのです。

遠い昭和の思い出話でした。


犬や猫と暮らしている人たちが羨ましい〜。大変なこともあるでしょうが、

人生が豊かになると思います。楽しい時間をたくさん過ごしてネ!

(両親がアレルギーらしくて私は飼えません〜残念。昔、飼ってたヨ。)

では!
posted by chi-B at 02:32| 大阪 ☀| Comment(4) | アマリタマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。